お知らせ

2018/03/01 一次産業・二次産業・三次産業を産業カテゴリに統一しました。また、記事掲載元の企業別アーカイブを作成しました。
2017/12/27 "有望産業に注目"と"第一回BDDNEWS奨学金奨学生5人の横顔"を特集したBDDNEWSレター11号をアップしました。時節柄、ご多忙のことと存じますが、ご一読くだされば幸いです。
2017/11/27 富山県が事業として行っている"ベジタリアン&ムスリム(イスラム教徒)対応飲食店育成事業のご案内"と"相談ホットライン""専門家派遣"チラシをUPしました。是非ご覧ください。
2017/11/01 今日から自動翻訳システムを導入しました。それにより、これまで1日5~10本ほどだった翻訳ニュースがおよそ150本に増えます。その分、日本語として読みにくいところは多々ありますが、今後、少しずつ改善していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
2017/09/26 アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)を自称する武装集団がミャンマーの警察駐屯地や陸軍基地を襲撃したことで始まったミャンマー軍の報復から一カ月。そう簡単に終わりは見えませんが、これを機に歴史的背景や世界の対応などを入門書的に取り上げたBDDNEWSレター10月号をUPしました。是非、ご覧ください。
2017/09/21 Prothom Alo紙の"Today in Pictures"からロヒンギャの写真をピックアップし、"今日のロヒンギャ"としてブログコーナーにアップしています。
2017/09/19 コラムにアップしていた編集部の“初めてのダッカ”と"バングラデシュ情報部"を、ブログに移動しました。コラムは現地紙のオピニオン(社説)を翻訳したもの、ブログは編集部が書いた記事・エッセイ・雑記・ブログという位置づけになります。
2017/09/19 画像ギャラリーをメディアに変更しました。今後、動画などもアップして行く予定です。
2017/08/11 初めてダッカを訪れたBDDNEWS編集部がコラムを書いています。上記コラムボタンから見ることができます。
2017/07/31 経済情報を充実させるため、本日よりフィナンシャル・エクスプレスの記事配信を始めました。
2017/07/01 ホーリーアルチザンベーカリー襲撃事件から1年経ちました。改めてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。
2017/06/28 フェアトレードでバングラデシュの教育支援ができるECサイトを開設しました。

最新NEWS

危険な児童労働をなくす 2018年12月12日

危険な児童労働をなくす
【The Daily Star】2020年までに10万人の児童から危険な労働を排除するため、政府は28.4億タカ(37.5億円)のプロジェクトを行い、バングラデシュのイメージを明るくする。11日、労働省のアフロザ・カーン大臣補佐が話した。 … 続きを読む

記事一覧

全ての学校でスカウト活動を

全ての学校でスカウト活動を
シェイク・ハシナ首相は、すべての初等・中等学校でボーイスカウト活動を増やす必要性を強調した。政府はバングラデシュのスカウト活動について、効果的で持続可能な支援措置を取る準備を整えたという。 首相はゴパルゴンジ(Gopalganj)のマニクド… 続きを読む

祈る子どもたち

祈る子どもたち
昨日、さまざまな教育機関の約200人の子どもたちが、世界中で起こる子どもたちの殺害や虐待、拷問を止めるため、イベントの中で祈った。 「私たち子どもは生きたい、平和に暮らしたい」 彼らは教科書に書かれた言葉を暗唱した。 そしてより良い、生き生… 続きを読む

バングラは混合政治体制

バングラは混合政治体制
世界的な民主主義の後退に比べ、バングラデシュの民主主義の状態は固定したままだ。エコノミスト・インテリジェンス・ユニットの民主主義指数2016はいう。 EIUはバングラデシュを民主主義国家とみなさず、混合政治体制(非自由主義的民主主義)という… 続きを読む

今後、綿需要の10%を生産

今後、綿需要の10%を生産
全体の需要を輸入で賄っているバングラデシュは、現在、最大の綿輸入国だ。だが2025年末まで、100万俵の綿を生産することを目標にした。 バングラデシュは1年で約18万俵の綿を栽培している。これは年間需要の1%にすぎない。バングラデシュは綿輸… 続きを読む

成長率8%達成へ

現在の開発の速度が維持されれば、バングラデシュは2021年まで、経済成長率8%を記録することができるだろう。AHM・ムスタファ・カマル計画相は話した。 「私は今会計年度、7.5%の成長率が達成されることを期待します。そうすれば2021年より… 続きを読む

停滞する生命保険業界

停滞する生命保険業界
2016年、半数近くの企業収入が減少したにも関わらず、生命保険部門は3.77%の成長を記録した。 保険開発規制機構(IDRA)のデータによると、昨年、保険企業31社は767億9千万タカ(97億円)の純保険料を得たという。 31社のうち、14… 続きを読む

学校にチャンスはない

学校にチャンスはない
見守ってくれる家族との楽しい時間、学校の勉強に専念できる環境、それらに満たされているのが、理想的な子ども時代だ。悲しいことだが、多くのバングラデシュの子どもたちの現実と、この理想は大きくかけ離れている。 ラルモニルハット県サダー郡(Lalm… 続きを読む

JMB、商人名義で借家

日本人星邦男さん殺害事件の前、JMB(イスラム過激派ジャマトゥル・ムジャヒディン・バングラデシュ)メンバーは衣料品商人として5カ月間、ロングプールの家を借りていた。昨25日、家主が裁判所で証言した。 家主のアブドゥル・アジズ氏は、ロングプー… 続きを読む

SDGs達成へ決意

SDGs達成へ決意
政府は、持続可能な開発目標(SDGs)を期限までに達成することを断固決意したと、AHM・ムスタファ・カマル計画相は話した。 「我々はすでにSDGsの実行に必要な全ての用意を整え、アクションプランの準備後、すぐ実施作業を始めるでしょう」 カマ… 続きを読む

世界汚職指数15位

世界汚職指数15位
バングラデシュは、トランスペアレンシー・インターナショナル(TI)の世界汚職指数で、現在15位だ。 2016年、最も汚職が認められた国はソマリアで、最もクリーンな国はデンマークとニュージランドだった。 昨年、バングラデシュは13位だった。 … 続きを読む