世界で最も洗練されたトイレ


日本の家庭には、ユーザーが金便器や水族館、スキージャンパーを意識できる便器を選択することができる世界で最も洗練されたトイレがある。

日本を訪れる外国人は、トイレメーカーが提供する複雑ですごい機能に魅了される。

多くの近代的な日本のトイレは、ビデ(温度および圧力を調節することができる水の流れ)や加熱された便座、実際に水を流して無駄にしないよう、不快な音を覆うフラッシング音が流れるサウンドシステムを完備している。

設計者は、贅沢な驚きと刺激的な機能を備えた「完璧なトイレ」を作る作業を続けている。

東京の新宿区のロボットレストランでは、7カ国から輸入されたサイケデリックなタイルに囲まれた、金便座トイレを持っている。

ロボットレストランの建設には10億円(9800万ドル)かかった。

長野県北部にある斑尾高原リゾートのバスルームには、1998年冬季オリンピックでのスキー設備が使われ、ノルディック種目の気分に浸ることができる。

日本人は、自分の時間であっても仕事ができるようコンピュータや電話、プリンタを装備したトイレを選択することまでできる。