政府は労働法をさらに改正し、完全執行を保証しなければならない

政府は労働法をさらに改正し、完全執行を保証しなければならない
[Financial Express]政府は、現行の労働法をさらに改正し、正式であれ非公式であれ、すべての分野でGSPプラス施設を欧州連合(EU)に導入するよう全面的に実施しなければならないと話した。

また、2030年までに持続可能な発展目標(SDG)を達成するためには、労働法の改善とその完全な実施も重要であると述べた。

バングラデシュは、最貧国(LDC)から中所得国への卒業という3つの基準をすべて満たしており、卒業に合わせて労働基準も改善すべきだと付け加えた。

彼らの所見と勧告は首都の政策対話センター(CPD)が主催する「LDC卒業とSDG実施時代の新興労働基準(ELS)需要」と題された公開ダイアログで行われた。

マニュール・ハーク労働大臣は、CPDの著名人であるムスタフィズル ラ​​ハーマンが議長を務める会談の主任者であった。

バングラデシュ衣料品製造業者および輸出業者協会(BGMEA)バングラデシュ労働組合連盟(シッディクル ラ​​ハーマン)バングラデシュ貿易連合ケンドラ総書記ワジェドルイスラム・カーン(バングラデシュ国務省)バングラデシュ国務院副議長バングラデシュ労働研究所(BILS)エグゼクティブディレクター)サイエド スルタン ウディン アーメドがこの機会に話しました。

SDG-8の目標はより商業的アプローチを採用する必要があるが、GSPプラスの条件は、権利ベースのアプローチを取る必要がある」と、 CPDのリサーチディレクターのコンドカル・ゴラム・モアッゼムは基調講演でこう語った。

SDGの枠組みの下でELSに取り組むためには、十分に調整されたアプローチを実施することができ、SDG連動ELSアプローチの実施は、LDC後の課題に対処するためにバングラデシュをより良く準備することができる。この点については、規制、制度、実施段階での対策が必要であるとも述べている。

バングラデシュは条約138を除いて27のうち26のILO条約を歌い、「雇用への入学の最低年齢」に関連している。

同議長は、GSPプラス施設を取得するためには27のILO条約すべてを批准する必要があると主張し、条約138の批准に関する関係者との非公式協議を開始するよう政府に提案した。 ILO条約のいずれかに直面する労働法にも障壁はないはずです。

SDG-8目標の実施には、680億米ドルの追加資源が必要となる、と付け加えた。 CPDの著名人デバプリヤ ブハッタクハーヤは、SDGはグローバルな問題であり、バングラデシュは同国の文脈でグローバルな議題を内在化させなければならないと述べた。

WTO(世界貿易機関)が麻痺している時代であり、一方では両国間の自由貿易協定他方では、多国間の問題よりもいくつかの地域の基準が重要になるだろう」と述べた。

政府は非常に批判的な調整をしており、多数の関係者が関与していることから、各省庁間の連携を確保することを強調した。

バングラデシュのSDG実施機関と関係者は、新興雇用の標準問題をほとんど認識しておらず、2030年までに世界の議題を達成するための意識と効果的な調整を提起することを提案している。

BILS EDは、ディスカッションの限界を打ち破り、1つのセクターだけを考慮に入れた。

労働法は最低賃金ではなく、生活賃金の支払いについて明確に言及しているが、政府は生活賃金を支払う計画はない、と彼は述べた。

強制労働に関する真の認識と解釈を採用することを強調し、彼は、すべての人が政策立案に組み込まれ、完全な尊厳と労働基準を維持して仕事を行うことができるよう提案した。

ラジャカードリー氏は、特にSDG-8は経済成長と社会的包摂を達成する上で基本的なものであるが、SDGはすべて職場や雇用とある程度関連していると述べた。

「SDGとの会合は数え切れないほどの人生を変えるだろう。バングラデシュは、これらの目標を達成するための積極的で包括的なアプローチを賞賛しなければならない。

LDCからの卒業はもちろん、貿易嗜好の潜在的な腐食であるため、それに新たな挑戦をもたらすだろう、と彼は言った。

「EUのGSPプラス利益を得るために、バングラデシュはILOの27の条約を批准し、遵守する必要がある」と述べた。

国務長官は、バングラデシュは、人権、労働権、性的権利、平等問題に関する主要な国際条約や協定に署名し、バングラデシュが人生のすべての領域で人権の平等を誇りにしていることを誇りに思っている。

「ILO条約138を除き、バングラデシュはGSPプラス条約をすべて批准しており、GSPプラスの資格を得るための前提条件の1つであるため、この条約の批准の可能性について、まあ。 &クオト;

すべての部門の調和した労働慣行を確立することは、所有者がこの点でイニシアチブを取らない限り可能ではない、と同氏は付け加えた。

BGMEAの大統領は、「アコードとアライアンスは、過去5年間、同国のRMG工場で安全に職場を監視しており、現在、バングラデシュの起業家は工場や事業を監視できるようになっている」と述べた。

「バングラデシュは今後10年間、既存のGSP施設を楽しむことができるので、心配する必要はなく、その間に必要な基準を達成する」と指摘した。

munni_fe@yahoo.com


Bangladesh News/Financial Express 20180516
http://today.thefinancialexpress.com.bd/last-page/govt-has-to-amend-labour-law-further-ensure-full-execution-1526407270/?date=16-05-2018