Warning: session_start(): open(/var/lib/php/session/sess_d0670012b4960f24e63f068aa020940f, O_RDWR) failed: Disk quota exceeded (122) in /home/bddnews/bddnews.com/public_html/wp-content/plugins/easy-digital-downloads/includes/class-edd-session.php on line 412

Warning: session_start(): Failed to read session data: files (path: /var/lib/php/session) in /home/bddnews/bddnews.com/public_html/wp-content/plugins/easy-digital-downloads/includes/class-edd-session.php on line 412
大気汚染を減少させなければならない | バングラデシュの最新情報・ニュース:BDD News

大気汚染を減少させなければならない

約1年半年前ダッカは、ガソリン車から出る黒煙や鉛による空気汚染で曇っていました。現在は黒煙の排出を削減している段階で、2ストロークエンジンを搭載した車は禁止されています。しかしガソリンに含まれる鉛はまだ規制されていません。大気汚染は減ったとはいえ、ダッカで確実に存続しています。世界保健機関(WHO)の報告書では、最も汚染された空気を持つ国の第四位にバングラデシュがランクされました。ダッカ、ナラヤンガンジ、ガジプールは最も汚染された25都市に入っています。私たちはリストのトップを逃れることはできましたが、決して現在の状況に満足し、放置しないでください。私たちは煙の排出量を削減することができれば、他のすべてのタイプの汚染を制御することができます。

私たちの国の空気中にある過剰なアンモニアや炭素、硝酸塩、硫酸塩の小粒子は、癌、高血圧や他の呼吸器疾患などの病気を引き起こす可能性があります。だから関係当局はこの問題に見て見ぬふりをすることはできません。当局は市民の健康と幸福を確保する責任があり、失敗した場合責任を負わなければなりません。どのように炭素または硫酸汚染空気のようなガスが発生するのか、それはロケット科学や誰もがプロセスを知っている科学のようにはわかりません。最先端の技術を使用すると簡単にこれらの環境災害を避けることができますが、バングラデシュ、とりわけ首都ダッカでは、産業廃棄物をブリガンガ川に捨てるなど、低技術に依存しています。少数の不正直な起業家は既存の法律を無視し、環境を汚染し、高収益を追求しています。このような法律違反を監視すべき人たちは、多くの場合、テーブルの下で責任のなすり付け合いをしています。この危機を解決するために何かしなければなりません。

WTOとユニセフが共同で行った報告書では、バングラディッシュの公衆衛生や飲料水使用の成功を賞賛しています。でもなぜ私たちは大気汚染を減らすことができないのか? 私たちはこの問題に注意を払わなければなりません。