Warning: session_start(): open(/var/lib/php/session/sess_2e51b008a322b929b26252949572a0a8, O_RDWR) failed: Disk quota exceeded (122) in /home/bddnews/bddnews.com/public_html/wp-content/plugins/easy-digital-downloads/includes/class-edd-session.php on line 412

Warning: session_start(): Failed to read session data: files (path: /var/lib/php/session) in /home/bddnews/bddnews.com/public_html/wp-content/plugins/easy-digital-downloads/includes/class-edd-session.php on line 412
停電の調査には10日以上かかる | バングラデシュの最新情報・ニュース:BDD News

停電の調査には10日以上かかる

検証委員会は、土曜日にバングラデシュで起きた10時間停電の正確な理由をまだ見つけてないが、停電は内部配電網の技術的な障害であることをつかんだ。

「BheramaraやAshuganj発電所では、技術的な突発事故はなかった」
ナスルル・ハミド大臣は、昨日、電力・エネルギー・鉱物資源省で開かれた記者会見で語った。

しかしながらハミドは、問題の本質がどこにあったのか正確に言うことはできなかった。

記者会見は、昨日の同省に最初の調査報告書が提出されたことを受け、7年間で同国最悪の停電後に設置された、8人メンバーによる委員会のあと開かれた。

委員会はまた、さらなる調査のため10日以上を求めたとハミドは語った。

質問への返信で彼は、全部をデジタル化する時間内に、いくつかの発電所から記録を取ることができなかったので、委員会は検証に時間がかかっていると述べた。

このような事故が今後繰り返されないよう、広範囲の問題を取り上げる調査報告書にしなければならないとハミド大臣は語った。

検証委員会を率いる電力部門副長官アフマドKaikaus博士と、電力部門電力局のモハマド・ホサイン局長もまたプログラムで話した。

11月1日、全国の人々は午前11時半からほぼ10時間に渡って電気なしの生活を強いられ、2009年に設立された政府の電力部門へ対する大きな偉業への賞賛に暗雲を投げかけた。