Warning: session_start(): open(/var/lib/php/session/sess_6a07cf66beab0a93f9f6e1fa039fe648, O_RDWR) failed: Disk quota exceeded (122) in /home/bddnews/bddnews.com/public_html/wp-content/plugins/easy-digital-downloads/includes/class-edd-session.php on line 412

Warning: session_start(): Failed to read session data: files (path: /var/lib/php/session) in /home/bddnews/bddnews.com/public_html/wp-content/plugins/easy-digital-downloads/includes/class-edd-session.php on line 412
政府、SAARC間の鉄道リンクと電力協力に同意 | バングラデシュの最新情報・ニュース:BDD News

政府、SAARC間の鉄道リンクと電力協力に同意

政府は、SAARC諸国間の鉄道リンクの確立や、地域の電力部門の協力草案に、承認を与えた。

協定は、インド、ネパール、ブータン、スリランカの鉄道網にバングラデシュを繋げ、SAARCの電力網の確立へ道を開くだろう。

承認は、月曜日、ハシナ首相を議長に事務局で開かれた毎週の閣議で与えられた。

協定は「SAARC加盟国のためのSAARC地域鉄道協定」と「エネルギー協力(電気)のためのSAARC枠組み協定」だ。

会議の後、ムシャラフ・ホセイン・Bhuiyan官房長官は、記者団に対し、11月26、27日にネパールの首都カトマンズで開かれる第18回SARRCサミットで2協定に署名できるよう、提案は承認されたと述べた。

彼は言う。「バングラデシュは南アジアの交通機関の中心になりたいと思っている。鉄道網協定の後そうなるだろう。予想ルートは協定に記載されている」

草案では、バングラデシュ-インド-パキスタン、バングラデシュ-ネパール-インド、バングラデシュ-ブータン-インド間の鉄道の接続を提案した。