Warning: session_start(): open(/var/lib/php/session/sess_ca9b82619a6413af46e73b8d3cdc72a0, O_RDWR) failed: Disk quota exceeded (122) in /home/bddnews/bddnews.com/public_html/wp-content/plugins/easy-digital-downloads/includes/class-edd-session.php on line 412

Warning: session_start(): Failed to read session data: files (path: /var/lib/php/session) in /home/bddnews/bddnews.com/public_html/wp-content/plugins/easy-digital-downloads/includes/class-edd-session.php on line 412
襲撃に強い非難 | バングラデシュの最新情報・ニュース:BDD News

襲撃に強い非難

襲撃に強い非難
諸外国や在ダッカ(Dhaka)大使館、ジャーナリスト協会のリーダー、政治リーダーたちは土曜日、首都ダッカの繁華街グルシャン(Gulshan)地区にある飲食店を狙ったテロリストたちの野蛮な襲撃に、強い非難を行った。襲撃では人質20人を含む28人が死亡し、その多くが外国人だった。

さらに犠牲者の遺族や親族全員に弔いの意を表した。

[カナダ]

カナダ政府は昨日の事件に関し、非道な襲撃を批難するとともに、テロとの戦いに対してバングラデシュ政府を全面的支援すると声明を出した。

「我々は最も強い言葉でこの襲撃を非難します」
ベノイト・ピエール・ララミー在ダッカカナダ大使はこのように述べ、カナダは40年以上に当たりバングラデシュの発展を支えてきたとした。

「バングラデシュの勇敢な職員を含めた犠牲者の方々に対し、カナダ政府は最も深い弔意を表します」

[デンマーク]

「金曜日の夜、ダッカのレストランで発生し、20人の命が奪われた罪のない市民を狙ったテロを強く非難します」
デンマークのクリスティアン ジェンセン外務大臣は昨日声明を出した。

このような無意味な暴力は全く許容できないものであり、立ち向かわなければならないものだとジェンセン大臣は話す。

「我々の最も強い対応は、団結を保ち、民主主義や自由、人生を恐怖と絶望に陥れさせないようにすることです」
ジェンセン大臣は言う。
「犠牲者のご遺族の方々には心よりお悔やみを申し上げます」

ジェンセン大臣と在ダッカ大使はバングラデシュ当局と緊密な連絡を取り合い、状況を詳細に監視していくという。
[スイス]

スイス大使のクリスティアン フォッチ氏もこの残酷な行為を批難し、過激派の撲滅のために適切な対処を行う必要があるとした。

「この美しい国で近年発生した一連の襲撃は、大多数のバングラデシュ人が強く抱いている伝統からは逸脱したものです。暴力的な過激思想の拡散を防ぎ、襲撃犯に法の裁きを与えるため、相応の処置をとる必要があります」

「バングラデシュ人は外国人へのホスピタリティと、寛容性や世俗の遺産を維持していることで称賛されています。スイスもこの価値観を大いに共有しています」
フォッチ大使は言う。

[インド]

UNBによると、在ダッカインド大使のハルシュ ヴァルダン シュリングラ氏は土曜日、インドの高官や民衆はバングラデシュの兄弟姉妹との団結を表明しているとして、以前と同じようにバングラデシュと共にあり続けると話したという。
「非常に不幸な事であり、非常に残念で悲しい事です」
デリーから戻ってきたシュリングラ大使は、ダッカで記者に話した。

「あなたたちの戦いは我々の戦いでもあります」

[ブータン]

ブータンのジグメ シンギエ ワンチャック前国王はテロリストの襲撃による死傷者に対し強い驚きを表した。

BSSによると、ジグメ ケサール ナムギエル ワンチャック現国王の父親であるジグメ シンギエ前国王はバングラデシュのアブドゥル ハミド大統領が昨日レイブンハウスに電話を入れた際、驚きを表したという。

ジグメ シンギエ前国王は人質事件を終息させるべく動いていた部隊員たちに感謝の意を表した。

[議会からの批判]

BSSによると、議会のシリン シャルミン チョウドリー議長は昨日、襲撃の犠牲者に弔意を表し、この罪なき人々に供花を行ったという。

「強く驚き、心配をしてます。罪のない国民や外国人を狙ったこの非道な攻撃には強く異を唱えます」
チョウドリー議長は弔辞でこう話した。

「罪のない市民を人質に取り、殺害することは許されない犯罪です」

[ジャーナリストたち]

バングラデシュジャーナリスト連合(BFUJ)とダッカジャーナリスト連合(DUJ)の指導者たちは昨日、襲撃の立案者たちを逮捕するよう求めた。

「卑劣な攻撃を実行し、国のイメージを損ねた厄介者たちの家族にも審問を行うべきです」

彼らはジャティヤ・プレスクラブの前で輪を作り、呼びかけを行った。

BFUJのオマル ファルク理事がプログラムを主宰した。

[モシャラフ ホサイン大臣]

チッタゴン(Chittagong)特派員によると、モシャラフ ホサイン住宅公共事業大臣は昨日、国内の過激派撲滅には政治的な結束よりも人々の結束が重要であると話したという。

ホサイン大臣はチッタゴン記者クラブで、チッタゴン市やアワミ連盟南北支部と共同で企画された集会に参加し、襲撃への反対演説を行った。


金曜日の夜、イタリア人9人、日本人7人、インド人1人、バングラデシュ系アメリカ人1人、バングラデシュ人2人の合計20人が襲撃により死亡した。

さらに銃撃者たちがレストランを急襲し、銃撃や爆弾投擲を始めてから間もなく、警察の上級職員2人が救出作戦を試みた際死亡した。

しかし陸軍主導の作戦により、テロリスト6人は死亡し、1人は確保された。

またこの作戦によって女性や子どもを含む13人の人質が救出された。

The Daily Star July 04 2016
http://www.thedailystar.net/city/gulshan-massacre-draws-global-condemnation-1249882

#バングラデシュ #ニュース #ダッカ人質事件