Warning: session_start(): open(/var/lib/php/session/sess_15ef67547ae5ef099cae9d68d4ca6dcb, O_RDWR) failed: Disk quota exceeded (122) in /home/bddnews/bddnews.com/public_html/wp-content/plugins/easy-digital-downloads/includes/class-edd-session.php on line 412

Warning: session_start(): Failed to read session data: files (path: /var/lib/php/session) in /home/bddnews/bddnews.com/public_html/wp-content/plugins/easy-digital-downloads/includes/class-edd-session.php on line 412
SAARC諸国への輸出過去最高 | バングラデシュの最新情報・ニュース:BDD News

SAARC諸国への輸出過去最高

SAARC諸国への輸出過去最高

【The Daily Star】輸出振興局(EPB)によると、過去3年間着実に成長してきたことで、昨2021-22会計年度のバングラデシュの南アジア諸国への輸出は最高記録を更新した。

特に、インドがバングラデシュのほとんどの品目にゼロ関税の恩恵を与えたことが成長の後押しとなり、地域8カ国への輸出は前年度比53%増の22億8000万ドル(3128.5億円)に達した。

中間所得層の拡大を背景に、インドやネパールの市場ではバングラデシュ製衣料品に対する需要が高まっている。

また、インド市場向けにWalmartなどの外資系小売業者やブランド、RelianceやAditya Birlaなどの近隣諸国の国内ブランドによる調達が増加していると、輸出業者は述べている。

EPBデータによると、2021-22会計年度、南アジア地域協力連合(SAARC)への輸出額のうち、インドが87%の19億9000万ドル(2730.5億円)を占めていることが明らかになった。

インドは2011年にアルコール飲料25品目を除くすべての製品について、関税ゼロのアクセスを提供した。

「インドへの輸出が伸びているのは心強いことです。私たちは以前からSAARC地域で貿易が成長することを期待していました」
衣料品輸出会社Newageグループのアシフ・イブラヒム副会長は述べた。

イブラヒム氏は、バングラデシュは2026年に後発開発途上国グループから脱退して特恵市場アクセスを失うため、インド、日本、中国などのアジア諸国が次のターゲット市場だとした。

この地域へのバングラデシュの輸出は、これまで主にフォーマルな織物シャツに限られていた。

現在衣料品メーカーは、インナーウェアやデニム、カジュアルなニット製品などを輸出している。

EPBによると、輸出が好調なため、国の総輸出額520億ドル(7兆1351億円)に占めるSAARC地域の割合は1ポイント増の4%となった。

バングラデシュの輸出のほぼ4分の3は、EUと北米、特に米国向けだ。

SAARC地域への主な輸出品目は、ベーシックなものからポロシャツ、カジュアルドレスやフォーマルドレスとなっている。

イブラヒム氏は、ネパールは比較的寒く冬期間が長いため、ジャケットが次の主要輸出品目になると考えている。

ネパールとパキスタンへの輸出も好調だった。バングラデシュは昨会計年度、両国にそれぞれ1億500万ドル(144億円)以上の商品を輸出している。

「インドでは関税ゼロのメリットを享受しているため、顧客から多くの反応があります。インド市場への輸出はバングラデシュにとって実に心強いものです」
同じく衣料品輸出業者であるAnantaグループのシャリフ・ザヒール社長は、インド向け輸出は300%増加する可能性があるとした。

南アジア経済モデルネットワーク(SANEM)のセリム・ライハン事務局長は、バングラデシュの輸出全体に占めるSAARC地域の割合は、以前は2%未満だったと述べた。

「過去2年間、輸出に進展があったことが確認されています。これは非常に心強いことです。輸出業者は市場を多様化しなければならないことを認識し始めたのです。一方、製品の多様化にはまだ至っていません」

ダッカ大学経済学部教授でもあるライハン氏は、バングラデシュはインドへ他の製品の輸出を増やすチャンスがあるという。

また、輸出を増やすためには、輸出業者だけでなく、バングラデシュ規格試験機関の試験・認証の能力強化を通じて製品の品質を向上させることが必要だとした。

さらに、港湾設備と接続性を向上させることで、貿易コストを削減し、それによって輸出が促進できるとした。

「インド側では国境に統合されたチェックポストのシステムが開発され、改善が見られました。しかし、バングラデシュ側ではそうなっていません」

世界銀行(WB)の調査によると、南アジアは世界で最も人口が多い地域の一つであるにもかかわらず、最も統合が遅れている地域で、域内貿易は貿易総額の5%未満にとどまっている。

例えば、インド企業がブラジルと貿易を行う場合、南アジア諸国へ輸出するより20%程度コストがかからないという。

WBは、不十分な道路や海上・航空輸送、保護関税、現実の非関税障壁、投資の制限、地域全体の広範な信頼不足など、いくつかの要因によって貿易は制限されてきたと分析する。

ヨーロッパでは60%の地域間貿易は、東アジアでは35%にとどまっている。

Bangladesh News/The Daily Star Aug 21 2022
https://www.thedailystar.net/business/export/news/exports-saarc-countries-reach-new-heights-3099516
翻訳編集:吉本

#バングラデシュ #ニュース #インド #SAARC #輸出 #地域内貿易 #輸出振興局 #EPB