メルマガ9号

メルマガ9号
特集はバングラデシュとベンガル語。バングラデシュ独立のきっかけとなったのが公用語問題。1948年、東パキスタンのダッカを訪れた西パキスタン(現パキスタン)のジンナー提督が公用語をウルドゥー語にすると演説。そこからベンガル語母語化運動が始まり、大衆運動へと発展。その後、選挙での勝利、自治権要求、内戦を経てバングラデシュ独立へとつながった。また、好きなベンガル語、国歌「黄金のベンガル」なども取り上げた。ちなみにバングラデシュとはベンガル語で「ベンガルの国」を指す。
具体的に動き出したBDDNEWS奨学金制度も紹介した。