プロトムアロー

毎年15万人が癌に

毎年15万人が癌に
【Prothom Alo】国際的な癌研究センターグローボキャン(Globocan)によると、現在バングラデシュには約150万人の癌患者が存在し、毎年15万人がこの病気に冒されるという。 ダッカ市ミルプール(Mirpur)のモニプールスクール… 続きを読む

27日から食料・農業博覧会

27日から食料・農業博覧会
【Prothom Alo】3月27日、ダッカで国内外の食料や農業関連の革新的な製品やサービスを紹介する4日間の国際博覧会が始まる。 海外10カ国の40社を含む合計132社が参加する博覧会は、ボシュンダラ国際会議シティで開催される。 この『第… 続きを読む

新予算は雇用機会創出に注力

新予算は雇用機会創出に注力
【Prothom Alo】10日、AHM・ムスタファ・カマル財務相は、(2019年7月1日開始の)次の国家予算は雇用機会の創出により多くの重点を置き、簡素化された方法で提示されるだろうと述べた。UNB報道。 「次の予算はページ数が少ない平凡… 続きを読む

BRAC従業員が書籍寄付

BRAC従業員が書籍寄付
【Prothom Alo】ブラック(BRAC)銀行の従業員は、恵まれない子どもたちに善意に満ちた書籍を寄付した。 同行はNGOティーチ・フォー・バングラデシュ(Teach For Bangladesh)と提携し、銀行内で書籍収集キャンペーン… 続きを読む

メトロ、来年12月まで完成

メトロ、来年12月まで完成
【Prothom Alo】今年中にウッタラ(Uttara)ーアガルガオ(Agargaon)間が完成するメトロ鉄道プロジェクトは、2020年12月までに全線開通となる。25日、オバイドゥル・カデル道路・交通・橋梁相がカマルバル(Khamarb… 続きを読む

春が来た

春が来た
【Prothom Alo】ベンガル暦で春が始まるファルグン月の初日、ボヘラ・ファルグンが13日、全国各地で祝われた。若い男女が様々な素材の眩しいドレスを着て、国中が彩りに溢れている。UNB報道。 ベンガル暦11月のファルグンは六季の王様、春… 続きを読む

外国投資、5年で280億㌦

【Prothom Alo】バングラデシュは過去5年間で、45カ国から280億ドル(3兆1076億円)強の投資を受けた。中国が最も多く、81.07億ドル(8998億円)の投資を行った。 AK・アブドゥル・モメン外相が、与党アワミ連盟のMd・イ… 続きを読む

経済自由度指数わずかに上昇

経済自由度指数わずかに上昇
【Prothom Alo】米国ヘリテージ財団によると、2019年経済自由度指数でバングラデシュは、180カ国中121位にランクされた。 昨年は128位だった。今年は昨年の55.1ポイントに対して55.6ポイントと、わずかに良くなった。 バン… 続きを読む

ホテルに評価システム導入

【Prothom Alo】お客に安全な食品を提供するため、ダッカ市内のレストランやホテルは今後、食品の質、環境、装飾、基準の4分野での取り組みについて色付きシールで指定される。 システムにより、レストランはA +、A、B、Cの4つのカテゴリ… 続きを読む

果物生産の成功

果物生産の成功
【Prothom Alo】国連食糧農業機関(FAO)によると、世界の果物生産国の中でバングラデシュの果物生産の増加率が最も高いという。現在、世界10位の果物生産国となっている。 過去18年間、バングラデシュの果物生産は平均で11.5%増加し… 続きを読む