お知らせ

2018/03/01 一次産業・二次産業・三次産業を産業カテゴリに統一しました。また、記事掲載元の企業別アーカイブを作成しました。
2017/12/27 "有望産業に注目"と"第一回BDDNEWS奨学金奨学生5人の横顔"を特集したBDDNEWSレター11号をアップしました。時節柄、ご多忙のことと存じますが、ご一読くだされば幸いです。
2017/11/27 富山県が事業として行っている"ベジタリアン&ムスリム(イスラム教徒)対応飲食店育成事業のご案内"と"相談ホットライン""専門家派遣"チラシをUPしました。是非ご覧ください。
2017/11/01 今日から自動翻訳システムを導入しました。それにより、これまで1日5~10本ほどだった翻訳ニュースがおよそ150本に増えます。その分、日本語として読みにくいところは多々ありますが、今後、少しずつ改善していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
2017/09/26 アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)を自称する武装集団がミャンマーの警察駐屯地や陸軍基地を襲撃したことで始まったミャンマー軍の報復から一カ月。そう簡単に終わりは見えませんが、これを機に歴史的背景や世界の対応などを入門書的に取り上げたBDDNEWSレター10月号をUPしました。是非、ご覧ください。
2017/09/21 Prothom Alo紙の"Today in Pictures"からロヒンギャの写真をピックアップし、"今日のロヒンギャ"としてブログコーナーにアップしています。
2017/09/19 コラムにアップしていた編集部の“初めてのダッカ”と"バングラデシュ情報部"を、ブログに移動しました。コラムは現地紙のオピニオン(社説)を翻訳したもの、ブログは編集部が書いた記事・エッセイ・雑記・ブログという位置づけになります。
2017/09/19 画像ギャラリーをメディアに変更しました。今後、動画などもアップして行く予定です。
2017/08/11 初めてダッカを訪れたBDDNEWS編集部がコラムを書いています。上記コラムボタンから見ることができます。
2017/07/31 経済情報を充実させるため、本日よりフィナンシャル・エクスプレスの記事配信を始めました。
2017/07/01 ホーリーアルチザンベーカリー襲撃事件から1年経ちました。改めてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。
2017/06/28 フェアトレードでバングラデシュの教育支援ができるECサイトを開設しました。

最新NEWS

最新のリンチ後にインドで逮捕された25人 2018年7月17日

[The Daily Star]インドの警察では、ウハトサップの噂によると、32歳の男性を狼狽した暴動団の一員だった二十人以上の男性が拉致されたと逮捕された。金曜日のカルナータカ州南部のコールセンター従業員だったモハメド・アザム(モハメッド… 続きを読む

記事一覧

交通事故、4カ月で888人死亡

交通事故、4カ月で888人死亡
水曜日、オバイドゥル・カデル運輸相は2017年の当初4カ月間、交通事故により888人が死亡したと議会で答弁した。 「バングラデシュ警察の統計によると、1月から4月にかけて全国で929の交通事故があり、888人が死亡、716人が怪我をしました… 続きを読む

献血者数の増加

献血者数の増加
近年、国内では自発的・直接的な献血が増えているが、それでも必要量には届いていない。 保健サービス総局の”安全な輸血プログラム(SBTP)”によれば、バングラデシュ国内で年間に必要となる血液は80万ユニットだが、昨年集まったのは70万ユニット… 続きを読む

眠れない夜

眠れない夜
(火曜日)午前4時頃のことだった。ビルキス・ベガムさんは一生懸命起き上がった。かたわらでは7カ月の赤ん坊と10歳の子が、床に広げた掛布団の上でぐっすり眠っていた。 子どもたちを連れ、シャウジャハンプール(Shahjahanpur)からやって… 続きを読む

綿花輸入量増加の見込み

綿花輸入量増加の見込み
米農務省(USDA)によれば、バングラデシュの2017-18年度の綿花輸入量は710万ベール(15.5万トン)に増加し、世界最大の綿花輸入国としての地位をさらに確固たるものにするという。 2016-17年度の輸入量は700万ベール(15.3… 続きを読む

食糧安保の加入継続を

経済関係局(ERD)はバングラデシュ政府に対し、食糧安全保障や農業、栄養不良の分野で注目すべき実績を上げるため、米国際開発局(USAID)の取り組み”フィード・ザ・フューチャー”に2017年からさらに5年間参加するよう勧告した。 ERDは財… 続きを読む

救い、そして苦悩

救い、そして苦悩
カルワンバザール(Karwan Bazar)にて。ショナルガオホテルを通る歩道に設けられた建築用足場の間を進み、人々を輸送するリキシャ引き。 昨日の雨は熱波に覆われていたバングラデシュに待望の救いをもたらした。だが、ダッカ(Dhaka)市民… 続きを読む

零細企業向けファンド

英国の資金援助で5年間行われる”バングラデシュの貧困者のための事業融資”プログラムは、国内の零細企業や小企業の発展のために3400万ポンド(48億3622万円)を投資する。 民間企業や個人は事業概要を提出することで、プロジェクトから資金援助… 続きを読む

自立のための帽子作り

自立のための帽子作り
イード・アル=フィトルを先に控え、バングラデシュ中西部ボグラ(Bogra)県ドゥナト(Dhunat)郡ジャムラ川やイチャマティ川流域に住む貧しい女性たちは輸出用高品質帽子を作るため、忙しい毎日を送っている。 221村の女性や女子生徒およそ8… 続きを読む

ICT相、AIESEC諮問委員長に

ICT相、AIESEC諮問委員長に
ジュナイト・アーメド・パラク情報通信技術(ICT)担当国務相は、12日にダッカ(Dhaka)で行われた署名式でAIESEC(アイセック:国際経済商学学生協会)の諮問委員長に就任した。 AIESECは高等教育機関の学生や近年の卒業生が運営する… 続きを読む

新都市開発の70%が完了

モシャラフ・ホサイン住宅公共事業相は11日、プルバチャル(Purbachal)新都市プロジェクトにおいて、土地開拓や道路・橋の建設を含む開発作業の70%が完了したと明らかにした。 住宅相は国会の質問に対し、新都市の開発作業は現時点で70%が… 続きを読む