最新NEWS

ダム決壊で1万haの作物喪失 2017年4月23日

ダム決壊で1万haの作物喪失
日曜早朝、スナムガンジ(Sunamganj)県タヒルプール(Tahirpur)郡ショニールハオール(低湿地帯)でダムの一部が決壊し、およそ1万ヘクタールの農地が洗い流された。 午前1時頃、ハオールの水位が上昇し、盛り土が崩壊した。郡議会のカ… 続きを読む

記事一覧

稲作管理ソフト

バングラデシュ稲研究所(BRRI)と国際稲研究所(IRRI)の科学者が共同開発した稲作管理ソフト(RCM)は、農家に必要な水田農業ガイドラインを迅速に提供する。 ガジプールのBRRIは、RCMにはコンピュータやノートパソコン、スマートフォン… 続きを読む

電子サービス規程2013

バングラデシュの情報通信省は、デジタルサービスの品質を確保するため、電子政府サービスの規制を強化する重要な措置を講じている。 「我々は、品質を保証するために電子サービスの規律を導入する予定だ。そして、標準的な電子サービスの規律を守ることを背… 続きを読む

農業アプリ発展のために

Ethics Advanced Technology Limited(EATL)とProthom Aloは、農家が安いコストで効率的に使用できるICTアプリケーションについての会議を共催した。 携帯電話会社は2000年以降農業情報サービスを… 続きを読む

BB’s 電子商取引サービスの契約で大失敗

中央銀行の「National Payment Switch」(NPS 電子決済用の銀行プラットホーム)は、販売代理店がプロジェクトに必要となソフトウェアを提供されなかったので、サービスを開始できなかった。 しかし、プロジェクトの試験サービス… 続きを読む

IT Talent Contest-2014

日本のBangla Business Partner(BBP)と提携してDaffodil情報技術研究所(DIIT)は、バングラデシュのIT分野の若い学生に日本での雇用機会を与える、「IT Talent Contest-2014」を開催する。… 続きを読む

バングラデシュ電力問題

バングラデシュは電力供給に大きな問題を抱えている。農村部の多くは電力の供給が賄えておらず、都市部でも十分な供給量とは言えない。 チッタゴン医科学病院では、電気ケーブルの工事の際に偶然の停電により治療の遅延が発生した。事前に病院への通達は行わ… 続きを読む

新興産業のAndroid動向

バングラデシュでは現在、スマートフォン人気の煽りを受けて、なんと国民全人口1億5500万人の内3割は携帯電話を所有している。 その中でも特にAndroidOSを搭載したスマートフォンがバングラデシュでも話題になっている。 今日のスマートフォ… 続きを読む

ITトレーニング制度の必要性

IT技術者は昨日、国のIT部門の繁栄のために、熟練した人材を育成するITトレーニング制度の必要性を主張した。 彼らは、プロジェクト・ディレクターMd.Rezaul Karimとバングラデシュコンピュータ評議会での情報通信省の成長、仕事と自治… 続きを読む