お知らせ

2017/09/26 アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)を自称する武装集団がミャンマーの警察駐屯地や陸軍基地を襲撃したことで始まったミャンマー軍の報復から一カ月。そう簡単に終わりは見えませんが、これを機に歴史的背景や世界の対応などを入門書的に取り上げたBDDNEWSレター10月号をUPしました。是非、ご覧ください。
2017/09/21 Prothom Alo紙の"Today in Pictures"からロヒンギャの写真をピックアップし、"今日のロヒンギャ"としてブログコーナーにアップしています。
2017/09/19 コラムにアップしていた編集部の“初めてのダッカ”と"バングラデシュ情報部"を、ブログに移動しました。コラムは現地紙のオピニオン(社説)を翻訳したもの、ブログは編集部が書いた記事・エッセイ・雑記・ブログという位置づけになります。
2017/09/19 画像ギャラリーをメディアに変更しました。今後、動画などもアップして行く予定です。
2017/08/11 初めてダッカを訪れたBDDNEWS編集部がコラムを書いています。上記コラムボタンから見ることができます。
2017/07/31 経済情報を充実させるため、本日よりフィナンシャル・エクスプレスの記事配信を始めました。
2017/07/01 ホーリーアルチザンベーカリー襲撃事件から1年経ちました。改めてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。
2017/06/28 フェアトレードでバングラデシュの教育支援ができるECサイトを開設しました。

最新NEWS

放置される研修センター 2017年10月23日

放置される研修センター
【Financial Express】ジェナイダ(Jhenidah)10月22日。 社会サービス局(DSS)が農村女性の研修用に作ったジェナイダ県の25公民館は20年以上に渡って放置され、徐々に荒れて来ている。 ジェナイダ県DSSの資料によ… 続きを読む

記事一覧

政府、SAARC間の鉄道リンクと電力協力に同意

政府は、SAARC諸国間の鉄道リンクの確立や、地域の電力部門の協力草案に、承認を与えた。 協定は、インド、ネパール、ブータン、スリランカの鉄道網にバングラデシュを繋げ、SAARCの電力網の確立へ道を開くだろう。 承認は、月曜日、ハシナ首相を… 続きを読む

JSC、JDC試験始まる

ジュニア・スクール証明書(JSC)試験は、党指導者の戦争犯罪の有罪判決に抗議したイスラミ組織の5日間の閉鎖活動の末、開始された。 今年は約210万人の学生が参加し、半分以上が女性だ。 金曜日午前中、ジュニアDakhil証明書(JDC)志願者… 続きを読む

MCCI、事業拡大のためのジェトロと協力

ダッカ商工会議所(MCCI)と日本貿易振興機構(ジェトロ)は、日本とバングラデシュ間ビジネスを拡大するための覚書(MoU)を交わした。 Rokia・アフザル・ラーマンMCCI会頭と、K・カワノバングラデシュジェトロ代表は、昨日MCCIオフィ… 続きを読む

日本、Karnaphuliの製紙工場へ投資する

途切れない原料供給の確保で増産できる見通しがあるため、日本は、バングラデシュのKarnaphuli製紙工場(KPM)地帯で、ハイブリッド竹のプランテーションの投資に強い関心を表明している。 元外務関係担当大臣で、現アフリカ経済産業協会理事長… 続きを読む

ガイバンダで冬野菜を栽培するためのプラン

農業普及局(DAE)は、今シーズン、県内7郡で冬野菜を栽培するために計画を立てた。 DAE関係者は、おおよそ6391ヘクタールの土地で、1万2730トンの野菜を生産目標とする栽培プログラムを立てたと述べた。 野菜にはナス、大根、トマト、カリ… 続きを読む

停電の調査には10日以上かかる

検証委員会は、土曜日にバングラデシュで起きた10時間停電の正確な理由をまだ見つけてないが、停電は内部配電網の技術的な障害であることをつかんだ。 「BheramaraやAshuganj発電所では、技術的な突発事故はなかった」 ナスルル・ハミド… 続きを読む

ISIDの「先導国になりたい」:アム大臣

バングラデシュは、国連産業開発機関(UNIDO)の、包括的で持続可能な産業開発(ISID)フォーラムの中で、先導国になることに関心があると述べた。 BSSレポートによれば、水曜日、ウィーンで開かれたUNIDOの「包括的かつ持続可能な産業発展… 続きを読む

ニルパマリの農家に洪水災害の補償

先日のニルパマリ県内での洪水の損失を取り戻しアマン栽培を続けようとする農家に対し、政府は冬作のため、化学肥料や種子を無料で配布している。 農業普及局(DAE)情報筋は、県内850人の農家に、合計133万5650Tkの種子や肥料を配布すること… 続きを読む