お知らせ

2017/11/27 富山県が事業として行っている"ベジタリアン&ムスリム(イスラム教徒)対応飲食店育成事業のご案内"と"相談ホットライン""専門家派遣"チラシをUPしました。是非ご覧ください。
2017/11/01 今日から自動翻訳システムを導入しました。それにより、これまで1日5~10本ほどだった翻訳ニュースがおよそ100本に増えます。その分、日本語として読みにくいところは多々ありますが、今後、少しずつ改善していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
2017/09/26 アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)を自称する武装集団がミャンマーの警察駐屯地や陸軍基地を襲撃したことで始まったミャンマー軍の報復から一カ月。そう簡単に終わりは見えませんが、これを機に歴史的背景や世界の対応などを入門書的に取り上げたBDDNEWSレター10月号をUPしました。是非、ご覧ください。
2017/09/21 Prothom Alo紙の"Today in Pictures"からロヒンギャの写真をピックアップし、"今日のロヒンギャ"としてブログコーナーにアップしています。
2017/09/19 コラムにアップしていた編集部の“初めてのダッカ”と"バングラデシュ情報部"を、ブログに移動しました。コラムは現地紙のオピニオン(社説)を翻訳したもの、ブログは編集部が書いた記事・エッセイ・雑記・ブログという位置づけになります。
2017/09/19 画像ギャラリーをメディアに変更しました。今後、動画などもアップして行く予定です。
2017/08/11 初めてダッカを訪れたBDDNEWS編集部がコラムを書いています。上記コラムボタンから見ることができます。
2017/07/31 経済情報を充実させるため、本日よりフィナンシャル・エクスプレスの記事配信を始めました。
2017/07/01 ホーリーアルチザンベーカリー襲撃事件から1年経ちました。改めてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。
2017/06/28 フェアトレードでバングラデシュの教育支援ができるECサイトを開設しました。

最新NEWS

日本に自動車部門投資求める 2017年12月18日

日本に自動車部門投資求める
【Financial Express】バングラデシュ国内に自動車産業を設立するため、アミル・ホサイン・アム工業相は日本の更なる投資を求めた。 「日本は自動車工業の設立で、バングラデシュ政府とジョイントベンチャーを作ることができます」 工業相… 続きを読む

記事一覧

GDP6%を生み出す携帯電話

GDP6%を生み出す携帯電話
グローバルシステムモバイルアソシエーション(GSMA)インテリジェンスによると、携帯電話はバングラデシュ人の53%に普及しているという。またユニークサブスクライバー(契約者固有ID加入者)市場の普及について、この国をアジアの中で平均よりも上… 続きを読む

鳩が成功をもたらした

鳩が成功をもたらした
恐らく世界で一番最初に家畜化された鳥であるハトと人間との付き合いは、5千年以上前のメソポタミア楔(くさび)文字の石盤や、エジプトの象形文字にも記録されている。何世紀にも渡って伝書鳩としての評判を得、戦争中には高貴を表す平和の象徴となったこの… 続きを読む

市場の違法建築物を解体

北ダッカ市(DNCC)は、崩壊や火事の恐れがあるため、12カ所の市場周辺の全ての違法建造物を解体する。 DNCCは記者会見でこれらの映像を映し出したが、すぐにできる問題解決策は何もない。 「分かりません。すぐの解決策はありません」 北ダッカ… 続きを読む

LNG基地、最終承認待ち

サミットグループは、コックスバザール(Cox’s Bazar)モヘシュカリ島に作る、初めての海上液化天然ガス基地の建設に一歩近づいた。政府が今日、最終判断を下す。 経済問題に対する内閣委員会の会議で、草案が説明される。 すでにゴーサインの出… 続きを読む

ロヒンギャ4人を拘束

月曜日、警察はバングラデシュ南部、(ミャンマー国境地帯からおよそ250キロ離れた)ボリシャル(Barisal)県アムトラ・モレ地区で、ロヒンギャ4人を拘束した。 拘束されたのはシェド・ホサインさん(45歳)、娘のヤスミンさん(17歳)、ホサ… 続きを読む

衣料品輸出に影

衣料品輸出に影
ドナルド・トランプ次期大統領が選挙戦の公約のひとつ、国境税の計画を実行すれば、バングラデシュの輸出、特に衣料製品はさらなる関税競争に直面するだろう。 17カ月の選挙期間中、トランプ氏は、外国との不公平な競争からアメリカの雇用を守るため、輸入… 続きを読む

IMF、成長率7%以下と予測

IMF、成長率7%以下と予測
国際通貨基金(IMF)は新たな報告書で、バングラデシュを2017年、成長率6.3%を達成する見込みのある国のカテゴリーに分類した。 IMFは2016年10月初め、世界的な成長は鈍いと予測しながら、バングラデシュの成長率を6.9%と予測してい… 続きを読む

花で稼ぐ

花で稼ぐ
ラルモニルハット(Lalmonirhat)県モゴルハットユニオンフルガッチ村のアズマ・ベガムさんの庭では、バラやデイジー、マリゴールドという美しい花が咲き誇っている。だがそれだけではない、成功という花も大きく咲いている。 4人の母親であるア… 続きを読む

携帯電話輸入ルールを緩和

携帯電話輸入ルールを緩和
通信規制委員会は携帯電話の輸入条件を緩和した。これにより携帯電話の価格を下げ、質を向上させると、輸入業者は話した。 この決定に従い、携帯電話輸入に対する通信規制委員会の承認は6カ月間有効となる。 現在輸入業者は、3ヶ月間だけ有効の同意書(N… 続きを読む

通りを行商人から解放

追い立てに対する行商人の抗議が続く中、南ダッカ市(DSCC)は、就業時間中、行商人からグルスタン通りを解放するため、この決定を貫くと、サイード・ココン市長は話した。 市長はナガール・ボボンで、バングラデシュ行商人連盟の代表団11名と話し合っ… 続きを読む