お知らせ

2018/03/01 一次産業・二次産業・三次産業を産業カテゴリに統一しました。また、記事掲載元の企業別アーカイブを作成しました。
2017/12/27 "有望産業に注目"と"第一回BDDNEWS奨学金奨学生5人の横顔"を特集したBDDNEWSレター11号をアップしました。時節柄、ご多忙のことと存じますが、ご一読くだされば幸いです。
2017/11/27 富山県が事業として行っている"ベジタリアン&ムスリム(イスラム教徒)対応飲食店育成事業のご案内"と"相談ホットライン""専門家派遣"チラシをUPしました。是非ご覧ください。
2017/11/01 今日から自動翻訳システムを導入しました。それにより、これまで1日5~10本ほどだった翻訳ニュースがおよそ150本に増えます。その分、日本語として読みにくいところは多々ありますが、今後、少しずつ改善していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
2017/09/26 アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)を自称する武装集団がミャンマーの警察駐屯地や陸軍基地を襲撃したことで始まったミャンマー軍の報復から一カ月。そう簡単に終わりは見えませんが、これを機に歴史的背景や世界の対応などを入門書的に取り上げたBDDNEWSレター10月号をUPしました。是非、ご覧ください。
2017/09/21 Prothom Alo紙の"Today in Pictures"からロヒンギャの写真をピックアップし、"今日のロヒンギャ"としてブログコーナーにアップしています。
2017/09/19 コラムにアップしていた編集部の“初めてのダッカ”と"バングラデシュ情報部"を、ブログに移動しました。コラムは現地紙のオピニオン(社説)を翻訳したもの、ブログは編集部が書いた記事・エッセイ・雑記・ブログという位置づけになります。
2017/09/19 画像ギャラリーをメディアに変更しました。今後、動画などもアップして行く予定です。
2017/08/11 初めてダッカを訪れたBDDNEWS編集部がコラムを書いています。上記コラムボタンから見ることができます。
2017/07/31 経済情報を充実させるため、本日よりフィナンシャル・エクスプレスの記事配信を始めました。
2017/07/01 ホーリーアルチザンベーカリー襲撃事件から1年経ちました。改めてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。
2017/06/28 フェアトレードでバングラデシュの教育支援ができるECサイトを開設しました。

最新NEWS

危険な児童労働をなくす 2018年12月12日

危険な児童労働をなくす
【The Daily Star】2020年までに10万人の児童から危険な労働を排除するため、政府は28.4億タカ(37.5億円)のプロジェクトを行い、バングラデシュのイメージを明るくする。11日、労働省のアフロザ・カーン大臣補佐が話した。 … 続きを読む

記事一覧

女性酪農家を支援

プラン・デイリー・リミテッド(PDL)のM・ムニルッザマン最高執行責任者と、オックスファムの事業責任者MB・アクテル氏が、ロングプール(Rangpur)とガイバンダ(Gaibandha)に生乳冷蔵施設を設置する覚書(MoU)に署名した。 P… 続きを読む

政府、ビジネス環境を改善

政府は停滞している投資状況を打開するため、ビジネスプロセスを容易にする措置をとった。 今月末まで、投資家がビジネスを開始し、関連する許可と電力接続を取得するまでどれくらいの日数がかかるかについて、政府機関ごとにロードマップが作られる。 「2… 続きを読む

モバイルバンキング進む

モバイルバンキング進む
バングラデシュ銀行(BB)によると、2016年のモバイルバンキング取引はますます増え、前年比48.75%増、2兆3469億1790万タカ(3兆3767億8777万円)になったという。 「これはとても意味のある成長で、今後数年間はこの傾向が続… 続きを読む

オートバイ輸出開始

ランナー・オートモービルズ社は、ネパールへオートバイの輸出を開始した。バングラデシュ企業では初の試みで、国内の輸出品目を多様化させる。 マイメンシン(Mymensingh)県ボルカ(Bhaluka)のランナー社の工場で、オートバイ輸出200… 続きを読む

ネパールと水力発電契約

政府はネパールとの間で、電力を生産して輸入する、水力発電プロジェクトに投資する契約を結ぶ。昨日、電力担当国務大臣が発表した。 ナスルル・ハミド国務相はダッカの講堂で開かれた記者クラブとの月例記者懇談会で、1カ月以内に契約を結ぶ予定だと話した… 続きを読む

イジュテマ2日目

ダッカ(Dhaka)郊外のトンギ(Tongi)地域で行われているビスワ・イジュテマ第2段階が今日(土曜日)、2日目を迎える。 ファジルのお祈りの後、インド人のマウラナ・ジャムシェド・アリ氏が説教を行い、バングラデシュ人のマウラナ・アブドゥル… 続きを読む

インド経由で電力輸入

ナスルル・ハミド電力・エネルギー担当国務相は、バングラデシュはインド領を使用してネパールから電力を輸入する承諾を得たと話した。 「ネパールから電力を輸入する承諾をインドから得ました。バングラデシュは投資を行い、発電所建設の契約をネパールと結… 続きを読む

EU離脱、衣料品輸出に影響

EU離脱、衣料品輸出に影響
英国の衣料品小売大手ネクストPlcはバングラデシュへの注文量を大幅に減らしたとして、バングラデシュはすでに英国のEU脱退の痛手を感じ始めていると、調達業者上層部は話した。 英国最大の売り上げを誇る小売企業ネクストは、2016年、バングラデシ… 続きを読む

女性起業家に2億ドル支援

バングラデシュ政府は昨日、地方の中小企業(SMEs)を支援するため、アジア開発銀行(ADB)と2億ドル(229億円)の融資契約を結んだ。 経済関係局(ERD)のカジ・ショフィクル・アザム長官とADBバングラデシュ事務所の樋口和彦所長が、ER… 続きを読む

デジタル土地記録システム

バングラデシュでは誰も家なしや土地なしのままでいることはないだろうと、ハシナ首相は楽観している。 ジャマルプール(Jamalpur)で統合デジタル土地記録システム(IDLRS)を紹介しながら、シャムスル・ラーマン土地大臣が話した。 およそ5… 続きを読む