お知らせ

2017/07/01 ホーリーアルチザンベーカリー襲撃事件から1年経ちました。改めてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。
2017/06/30 ニュースレター9号を発行しました。左側の資料ダウンロードから見ることができます。
2017/06/28 フェアトレードでバングラデシュの教育支援ができるECサイトを開設しました。

最新NEWS

ハッジ便は本日開始 2017年7月24日

ハッジ便は本日開始
ビーマン・バングラデシュ航空による今年初のハッジ(聖地メッカへの巡礼)便は本日午前7時55分にハズラト・シャージャラル国際空港を出発する予定だ。 省庁筋によれば、空港にはラシェド・カーン・メノン民間航空観光相およびマティオル・ラーマン宗教相… 続きを読む

記事一覧

止まない雨に苦しむ住民

首都ダッカ(Dhaka)をはじめ国内各地では、11日朝から断続的に続く雨の影響で日常生活に支障が出ている。 オールドダッカやモウチャク(Mauchak)、マリバグ(Malibagh)、シャティナガール(Shatinagar)、ミルプール(M… 続きを読む

見逃される大きな機会

見逃される大きな機会
バングラデシュは2007年以降、労働年齢人口が非労働年齢人口を上回っている。これは人口ボーナスとして知られているが、経済成長を加速させるこの可能性の窓は、2040年までに閉じ始めるだろう。 現時点で全人口の65%以上が15から64歳の労働年… 続きを読む

チクングンヤ熱相談所

チクングンヤ熱相談所
感染した蚊によってヒトに広まるチクングンヤ病*に効果的に取り組むため、昨日、保健家族福祉省は全ての医大と公立病院に相談所を開設するよう指示した。 *アフリカ東部やアジアの一部に特有のデング熱に似た伝染病 モハンマド・ナシム保健相が指示を出し… 続きを読む

輸出成長率、15年ぶりに低下

輸出成長率、15年ぶりに低下
衣料品出荷が大幅に減少したことで、バングラデシュの輸出の伸びは今会計年度、15年ぶりに急落した。 輸出振興局(EPB)によると、輸出は2016年から17年に348.3億ドル(3兆8437億円)となり、前年比1.69%の増加にとどまった。収入… 続きを読む

エクセレンス認証を獲得

エクセレンス認証を獲得
ザ・ウェスティン・ダッカにトリップアドバイザーのエクセレンス認証が与えられた。 今年、創業7年目となるホテルのもてなしが、トリップアドバイザー上の旅行客レビューでは過去数年にわたって高い評価を得ている事を称えての認証だという。 エクセレンス… 続きを読む

児童婚にさようなら

昨日、ホビゴンジ(Habiganj)県モドホブプール(Madhabpur)郡で、数百人の市民が児童婚から解放されることを宣言し、レッドカードを突き付けた。 県内各地から集まった生徒たちは5分間レッドカードを掲げ続けた。郡内にあるラル・ソブジ… 続きを読む

深海港は立ち行かない

深海港は立ち行かない
専門家によれば、大型船は本筋の航行ルートを迂回してまでこちらに来そうにないため、バングラデシュでは深海港は見込みがないという。 「チッタゴン(Chittagong)はアジアからヨーロッパにかけて、主要な航行ルートには入っていません。あなた方… 続きを読む

ダッカの埃は基準の3倍以上

ダッカの埃は基準の3倍以上
乾季のダッカ(Dhaka)市の塵埃汚染は、許容限界より約3倍高い。 アンワール・ホサイン・モンジュ環境・森林大臣が日曜日の議会で、アワミ連盟のM・アブドゥル・ラチフ議員の質問に回答した。 調査報告によると、ダッカ市の乾季の塵埃汚染(粒子状物… 続きを読む

カビル財団事務所開設

カビル財団事務所開設
非営利組織(NPO)のアビンタ・カビル財団は8日、首都ダッカ(Dhaka)のプラガティ・サラニで事務所を立上げた。 財団は国内で数々の福祉プロジェクトを実施することで、恵まれない人々を支援するという故アビンタ・カビルさんの夢の実現を目指す。… 続きを読む

ソヘル容疑者、再勾留

ソヘル容疑者、再勾留
ダッカ(Dhaka)裁判所は日曜日、ホーリーアルチザンカフェ攻撃に関与したネオJMBメンバーの疑いのあるソヘル・モウフズ容疑者を7日間の再勾留にした。 テロリズムと国境を越えた犯罪(CTTC)ユニットのフマユン・カビラ検察官が10日間の再勾… 続きを読む