お知らせ

2017/11/01 今日から自動翻訳システムを導入しました。それにより、これまで1日5~10本ほどだった翻訳ニュースがおよそ100本に増えます。その分、日本語として読みにくいところは多々ありますが、今後、少しずつ改善していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
2017/09/26 アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)を自称する武装集団がミャンマーの警察駐屯地や陸軍基地を襲撃したことで始まったミャンマー軍の報復から一カ月。そう簡単に終わりは見えませんが、これを機に歴史的背景や世界の対応などを入門書的に取り上げたBDDNEWSレター10月号をUPしました。是非、ご覧ください。
2017/09/21 Prothom Alo紙の"Today in Pictures"からロヒンギャの写真をピックアップし、"今日のロヒンギャ"としてブログコーナーにアップしています。
2017/09/19 コラムにアップしていた編集部の“初めてのダッカ”と"バングラデシュ情報部"を、ブログに移動しました。コラムは現地紙のオピニオン(社説)を翻訳したもの、ブログは編集部が書いた記事・エッセイ・雑記・ブログという位置づけになります。
2017/09/19 画像ギャラリーをメディアに変更しました。今後、動画などもアップして行く予定です。
2017/08/11 初めてダッカを訪れたBDDNEWS編集部がコラムを書いています。上記コラムボタンから見ることができます。
2017/07/31 経済情報を充実させるため、本日よりフィナンシャル・エクスプレスの記事配信を始めました。
2017/07/01 ホーリーアルチザンベーカリー襲撃事件から1年経ちました。改めてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。
2017/06/28 フェアトレードでバングラデシュの教育支援ができるECサイトを開設しました。

最新NEWS

バングラと覚書を交わしたい 2017年11月21日

バングラと覚書を交わしたい
【Financial Express】ミャンマーの事実上のリーダーアウン・サン・スー・チー氏は、この3カ月間でバングラデシュへ逃れたロヒンギャの”安全帰還”についての覚書を、今週中にバングラデシュと交わしたいと話した。 8月末以来、仏教徒が… 続きを読む

記事一覧

農村に光回線を

郵政・通信省大臣アブドゥル・ロティフ・シッディクは、より速い回線速度を提供するために、農村部に光ファイバー回線を敷設すると述べた。 また、大臣はインターネット使用料を地方や市街化区域の料金と同一にすることを保証した。 バングラデシュコンピュ… 続きを読む

既存の帯域幅の余剰分を輸出

バングラデシュ政府は、第2海底ケーブルを設置する資金調達のために、既存の帯域幅の余剰分を輸出することを決めた。 事務局での省庁間会議で下された決定によると、バングラデシュ海底ケーブル株式会社(BSCCL)は、帯域幅50~60Gbpsを提供す… 続きを読む

学生に無償のネットサービスを提供

携帯電話会社グラミンフォンは、2月にBRACの援助を受けて無料で210万時間のインターネットサービスを利用する機会を学生に提供している。 グラミンフォン取締役の議長、テレノールグループの取締役兼副社長、アジア地域グループ主任のSigve B… 続きを読む

VoIP不正使用取締チーム

バングラデシュ電気通信規制委員会(BTRC)は、違法なVoIP電話を抑えるためにVoIPサービスプロバイダを監視するモニタリングチーム設立を計画している。 BTRC議長Sunil Kanti Boseは昨日、シティホテルで開催された「Ill… 続きを読む

石炭の採掘に露天掘り反対

政府は現在、輸入された石炭を頼りに電気を発電する予定で、今のところ露天掘りによる採炭はしないとの方針だ。 「我々は、露天掘りによって石炭を抽出しない」と、電力・エネルギー・鉱物資源省大臣のナスルル・ハミドは言いました述べた。 ハミド大臣は、… 続きを読む

石炭ベースの発電を政府が推進

バングラデシュがガスベースの発電に頼る上京から脱出しなければならないという実感を受けるにはあまりにも遅すぎ、またそれに対する準備があまりにも小さすぎた。 2009-10年においては、発電に必要な燃料のシェアは、ガス:89%、油:5%と石炭:… 続きを読む

ソーラシステムの設置

Rahimafrooz再生可能エネルギー社(RREL)は、Dhaka配電社(DPDC)と首都の事務局屋上にソーラーパネルを設置する契約を締結した。契約に基づきRRELは、6ヵ月以内に「50kWp Grid Tied Solar Projec… 続きを読む

石炭政策の見直し

シェイク・ハシナ首相は、電力エネルギー部門との会議を開き、主要な燃料供給の危機に悩む、すべてのエネルギープロジェクトの審査を行う。国家の石炭政策は、2月6日に決定する予定。 現在、5つの炭田に約25.5億トンの埋蔵量を有しているにもかかわら… 続きを読む

office365の説明会

マイクロソフトは、「Office365 partner readiness」を行うために終日のワークショップを開催した。 1月29日に開催されるこのセッションは、Microsoft LSPs, Managed Partnersと国のトップの… 続きを読む