お知らせ

2018/01/31 BDDNEWSレター第15号を配信しました。◆富裕層増加率世界3位 ◆経済自由度指数わずかに上昇 ◆海外進出を目指す皮革業者 ◆国内農機具製造企業 ◆今年のオートバイ市場 ◆株価11カ月ぶりの高値 ◆日本、FTA締結に関心 ◆東京でITセミナー ◆光熱費はいくら? ◆アジア横断鉄道網に接続 ◆BBIN戦略促進を、となっています。
2018/01/22 BDDNEWSレター第14号を配信しました。目次:P1銀行は未だ男の世界、労働者から起業家へ、P2 2032年に25位以内へ、P3 2019年経済予測継続的な日本の支援、P4ダッカの生活費、P5バングラデシュの賃料、P6人権状況は“非常に憂慮”となっています。
2018/12/27 来年からBDDNEWSレターを再発行することになりました。目標は月に4回程ですが、送付ご希望の方はお名前とメールアドレス、所属をご記入の上、info@bddnews.comまでご連絡ください。なお、メルマガに広告出稿頂ける企業、団体、事務所の方も募集しております。出稿希望とご記入の上、上記メールまでお問い合わせください。
2018/03/01 一次産業・二次産業・三次産業を産業カテゴリに統一しました。また、記事掲載元の企業別アーカイブを作成しました。
2017/12/27 "有望産業に注目"と"第一回BDDNEWS奨学金奨学生5人の横顔"を特集したBDDNEWSレター11号をアップしました。時節柄、ご多忙のことと存じますが、ご一読くだされば幸いです。
2017/11/27 富山県が事業として行っている"ベジタリアン&ムスリム(イスラム教徒)対応飲食店育成事業のご案内"と"相談ホットライン""専門家派遣"チラシをUPしました。是非ご覧ください。
2017/11/01 今日から自動翻訳システムを導入しました。それにより、これまで1日5~10本ほどだった翻訳ニュースがおよそ150本に増えます。その分、日本語として読みにくいところは多々ありますが、今後、少しずつ改善していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
2017/09/26 アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)を自称する武装集団がミャンマーの警察駐屯地や陸軍基地を襲撃したことで始まったミャンマー軍の報復から一カ月。そう簡単に終わりは見えませんが、これを機に歴史的背景や世界の対応などを入門書的に取り上げたBDDNEWSレター10月号をUPしました。是非、ご覧ください。
2017/09/21 Prothom Alo紙の"Today in Pictures"からロヒンギャの写真をピックアップし、"今日のロヒンギャ"としてブログコーナーにアップしています。
2017/09/19 コラムにアップしていた編集部の“初めてのダッカ”と"バングラデシュ情報部"を、ブログに移動しました。コラムは現地紙のオピニオン(社説)を翻訳したもの、ブログは編集部が書いた記事・エッセイ・雑記・ブログという位置づけになります。
2017/09/19 画像ギャラリーをメディアに変更しました。今後、動画などもアップして行く予定です。
2017/08/11 初めてダッカを訪れたBDDNEWS編集部がコラムを書いています。上記コラムボタンから見ることができます。
2017/07/31 経済情報を充実させるため、本日よりフィナンシャル・エクスプレスの記事配信を始めました。
2017/07/01 ホーリーアルチザンベーカリー襲撃事件から1年経ちました。改めてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。
2017/06/28 フェアトレードでバングラデシュの教育支援ができるECサイトを開設しました。

最新NEWS

記事一覧

月曜日、イード・アル=アドハー

イスラム教で二番目に大きい宗教的な祭「イード・アル=アドハー」は月曜日、宗教的熱狂を持って全国で厳粛と祝われる。 イスラム教徒は全能の神アッラーの御名のもと集まり、生贄の動物を捧げて祈りを捧げる。 彼らはイスラムウンマ(イスラム教のコミュニ… 続きを読む

スパイス市場はヒートアップ

イスラム教徒とヒンズー教徒の主要な祭りがほぼ同時に祝われるため、スパイス需要が高まり価格が上がっている。 金曜日、KarwanバザールやFakirapool、Mugdaなどダッカの台所市場で、スパイスが平時に比べて高い価格で売られていた。 … 続きを読む

結婚年齢を下げるための圧力

政府は、農村部の女子が結婚して「家庭(を持つ夢)が消え去る」とする農村部からのプレッシャーのもと、女子と男子の結婚年齢制限を下げることを計画していると、国務大臣は述べた。 「私たちの総理大臣(ハシナ)は、農村部の思春期の少女が結婚して家庭を… 続きを読む

生贄に捧げた動物を処分しなさい:環境省

環境・森林省は木曜日、イード・アル=アドハー中に生贄に捧げた動物をすべて処分するよう促した。 「生贄に捧げた動物の血や死骸を見境なく排水溝に捨てず、ゴミ箱に捨てなければならない」と、同省は通達で述べている。 また、必要に応じて速やかに生贄に… 続きを読む

休日前の高速道路で交通渋滞

すでに高速道路では、ダッカから帰省する多くの車やイード祭に必要な動物たちを運ぶトラックで渋滞している。 人々は、愛する人とイードやドゥルガープージャ休暇を過ごすため、故郷に向かっている。 二大宗教であるイスラム教徒とヒンズー教徒の祝祭休暇は… 続きを読む

チッタゴンのドッグ、初めて貨物船を造る

国有チッタゴンドライドックリミテッドは、初めてコンテナを運ぶ船の造船を始めた。 水曜日、アミール・ホセイン・アム工業大臣は、チッタゴン港湾都市のチッタゴンドライドックの敷地内で、貨物船「キール・レイング」の造船作業を開始したと述べている。 … 続きを読む

バングラデシュ、WITSAグローバルなICT賞を受賞

バングラデシュは今日、ITを活用して国の社会発展における顕著な貢献があったとして、「優秀な公共部門」カテゴリーにある有名な「世界ICT優秀賞」を受賞した。 ジュナイト・アーメド・パラクICT(情報通信)部門担当国務大臣が、バングラデシュ政府… 続きを読む

商務大臣、なめし皮業者に非表示価格の修正を依頼

トファイル・アーメド商務大臣は、金曜日の間に需要と市場価格をリンクさせるため、生皮の値段を修正することをなめし皮業者に指示した。 「政府は、価格を修正したくない。価格を修正するのは、国民が良い買い物をしたり、貿易であなた方に利益をもたらすた… 続きを読む

農村女性は家畜の飼育で変わる

農村部の貧困女性が、NGOから受け取る家畜や手当によって、貧困から抜け出そうとしている。 3人の子の母親ナシマ・ベグムは、将来自分の家に住みたいという夢がある。 一年前、彼女は自宅や生計を持たなかった。 今、彼女はNGO(非政府組織)から受… 続きを読む

ダッカ14ヶ所の入口にCCTVカメラ

警察はダッカの14ヶ所の入口に、閉鎖回路テレビ(CCTV)カメラを設置している。 「いくらかのカメラはすでに試験的に設置されています。残りは一日か二日以内に行われるでしょう。私は水曜日、それらを査察に行く予定です」とアサドゥッザマン・カーン… 続きを読む