お知らせ

2019/3/11 BDDNEWSレター第18号を配信しました。日本の経済特区プロジェクト インフレ率わずかに上昇 労働者の給与 IT労働者の給与 寛容な国アジア9位 BRAC世界のトップNGOに 教育費は南アジア平均以下 レンガ窯の児童労働問題 となっています。
2019/2/27 BDDNEWSレター第17号を配信しました。NASAコンテストで優勝、新内閣大臣名簿、メトロは来年12月まで完成、ダッカの大気汚染は依然深刻、外国食品の潜在市場、船便輸送費用、高架道路一部オープン、BEZAで許可証発行可能に、となっています。
2019/2/20 BDDNEWSレター第16号を配信しました。新ライドシェアサービス、DITFで20億タカ受注、輸出7.92%増、経済特区(BEZA)およびハイテク・パークの減免措置、関連ニュース:日本の投資家用経済特区設立、イノベーション都市指数2018、汚職指数悪化、雇用創出目標届かず、となっています。
2019/01/31 BDDNEWSレター第15号を配信しました。◆富裕層増加率世界3位 ◆経済自由度指数わずかに上昇 ◆海外進出を目指す皮革業者 ◆国内農機具製造企業 ◆今年のオートバイ市場 ◆株価11カ月ぶりの高値 ◆日本、FTA締結に関心 ◆東京でITセミナー ◆光熱費はいくら? ◆アジア横断鉄道網に接続 ◆BBIN戦略促進を、となっています。
2019/01/22 BDDNEWSレター第14号を配信しました。目次:P1銀行は未だ男の世界、労働者から起業家へ、P2 2032年に25位以内へ、P3 2019年経済予測継続的な日本の支援、P4ダッカの生活費、P5バングラデシュの賃料、P6人権状況は“非常に憂慮”となっています。
2018/12/27 来年からBDDNEWSレターを再発行することになりました。目標は月に4回程ですが、送付ご希望の方はお名前とメールアドレス、所属をご記入の上、info@bddnews.comまでご連絡ください。なお、メルマガに広告出稿頂ける企業、団体、事務所の方も募集しております。出稿希望とご記入の上、上記メールまでお問い合わせください。
2018/03/01 一次産業・二次産業・三次産業を産業カテゴリに統一しました。また、記事掲載元の企業別アーカイブを作成しました。
2017/12/27 "有望産業に注目"と"第一回BDDNEWS奨学金奨学生5人の横顔"を特集したBDDNEWSレター11号をアップしました。時節柄、ご多忙のことと存じますが、ご一読くだされば幸いです。
2017/11/27 富山県が事業として行っている"ベジタリアン&ムスリム(イスラム教徒)対応飲食店育成事業のご案内"と"相談ホットライン""専門家派遣"チラシをUPしました。是非ご覧ください。
2017/11/01 今日から自動翻訳システムを導入しました。それにより、これまで1日5~10本ほどだった翻訳ニュースがおよそ150本に増えます。その分、日本語として読みにくいところは多々ありますが、今後、少しずつ改善していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
2017/09/26 アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)を自称する武装集団がミャンマーの警察駐屯地や陸軍基地を襲撃したことで始まったミャンマー軍の報復から一カ月。そう簡単に終わりは見えませんが、これを機に歴史的背景や世界の対応などを入門書的に取り上げたBDDNEWSレター10月号をUPしました。是非、ご覧ください。
2017/09/21 Prothom Alo紙の"Today in Pictures"からロヒンギャの写真をピックアップし、"今日のロヒンギャ"としてブログコーナーにアップしています。
2017/09/19 コラムにアップしていた編集部の“初めてのダッカ”と"バングラデシュ情報部"を、ブログに移動しました。コラムは現地紙のオピニオン(社説)を翻訳したもの、ブログは編集部が書いた記事・エッセイ・雑記・ブログという位置づけになります。
2017/09/19 画像ギャラリーをメディアに変更しました。今後、動画などもアップして行く予定です。
2017/08/11 初めてダッカを訪れたBDDNEWS編集部がコラムを書いています。上記コラムボタンから見ることができます。
2017/07/31 経済情報を充実させるため、本日よりフィナンシャル・エクスプレスの記事配信を始めました。
2017/07/01 ホーリーアルチザンベーカリー襲撃事件から1年経ちました。改めてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。
2017/06/28 フェアトレードでバングラデシュの教育支援ができるECサイトを開設しました。

最新NEWS

次年度予算5兆越えか 2019年3月26日

次年度予算5兆越えか
【Financial Express】次の2019(年7月)-20(年6月)会計年度予算は、今会計年度の11%増、5兆タカ(6.6兆円)を越える可能性がある。 財務省の予測によると、総予算は5兆2495億Tk(6兆9369億円)で、6月13… 続きを読む

記事一覧

株式市場、イード前の最終取引に活気

イード休暇前の最終取引日、投資家を引きつけるニュースが続き、株式市場は高値で閉じた。 DSEX、ダッカ証券取引所のベンチマーク指数は、4656・13ポイントで閉じるまで、27・28ポイント、0・58%を獲得した。証券取引所は、今日から来週の… 続きを読む

イード前に不公平ありませんか?

通勤者は普通、人力車に乗ってダッカを走り回る際、少なくとも2メーター分の運賃を支払うことを余儀なくされている。 イードを目前にし、人力車ドライバーは要求が満たされるまで動こうとしないので、同じ運賃は3~4メーター分に跳ね上がっている。 人力… 続きを読む

長生きになったバングラデシュ人

昔に比べてバングラデシュ人は長生きになった。 国民の平均寿命は、2012年の69・4歳から、2013年の70・4歳に上昇した。バングラデシュ統計局(BBS)の新調査は言う。 昨日リリースされた、サンプルバイタル登録システム2009ー2013… 続きを読む

政治的混乱でグラミンフォンの利益減少

グラミンフォンの2015年上半期の純利益は、政治的混乱と激しい価格競争によって損なわれ、わずかに減少した。 1月から6月の間、同国最大の携帯電話事業者(グラミンフォン)の純利益は105億Tkで、前年度に比べて0・94%の減少だった。 グラミ… 続きを読む

新しいBIWTCの客船、本日就航

今日、バングラデシュ内水面交通公社(BIWTC)は、ダッカ-ボリシャル-クルナを結ぶ新しい客船MV Madhumotiを披露する。 現在国営BIWTCは、最新の船以外に、ダッカと南部の県を結ぶ、7隻の客船を保有している。 シェイク・ハシナ首… 続きを読む

BB、モバイルバンキングのガイドラインを見直し

銀行がモバイル金融サービス(MFS)の提供に、中央銀行(BB)による承認が欲しければ、彼らは独立した子会社を作る必要がある。 現時点で銀行は企業の一部門としてMFSを実行しているが、提案されたガイドラインによると、今後は最低払込み資金10億… 続きを読む

帰省客の懸念

ダッカと他の主要都市を結ぶ高速道路は比較的良い形で繋がっているが、イード帰省で故郷へ帰る人々は、ダッカの出口で、深刻な交通渋滞に巻き込まれるかも知れない。 狭い道路、路上駐車、計画外普通、客待ち車輛、いい加減な交通管理が、出口での大混乱の原… 続きを読む

恐怖の43キロ

もしあなたがこのイード休暇、ダッカ-ジョショール高速道を使って帰省しようとするならば、フォリドプールーマグラ間に差し掛かったとき、舌を噛み切らないよう気を引き締めたほうがよい。 世界最高のドライバーでさえ、この43キロの道路を行くには困難を… 続きを読む

イード前すでに価格が上昇

イードシーズンの伝統的な食料品の値上げが、またチッタゴン市で始まった。 昨日、Patengaの住人Nazmul・ハサン・ロニーは、スティールミル台所市場で肉の値段を聞いてびっくり仰天した。すべての肉が1キロあたり480Tkで売られていたから… 続きを読む