国内

8万2459人に奨学金

8万2459人に奨学金
2016年小学校期末試験の結果、合わせて8万2459人の生徒が奨学金を獲得したと、UNBが報じた。 モスタフィズル・ラーマン初等成人教育相は11日朝の記者会見で、奨学金の給付対象者リストを告示した。 給付対象者は人材プール部門と一般部門の2… 続きを読む

新年はヒルサなしで

シェイク・ハシナ首相は火曜日、国民魚ヒルサの生態を守るため、ベンガル新年ボヘラ・ボイジャックに食べないよう強く国民に促した。 「ボヘラ・ボイジャックに向けてヒルサを捕まえたり、食べたりしないよう、すべての国民に向けて訴えます。代わりにキチュ… 続きを読む

ボイジャック用伝統おもちゃ

ボイジャック用伝統おもちゃ
2010年、南アフリカのワールドカップサッカーで有名になったプラスチック製ホーンのブブゼラは、バングラデシュでも普及した。この音は4月14日のベンガル新年ボヘラ・ボイジャックの祝祭の喜びにふさわしく感じるかも知れないが、本来、この時期の音で… 続きを読む

3年間の火傷治療訓練

保健家族福祉省は国内の形成外科医、麻酔医、看護師、理学療法士に3年間の訓練を実施するプログラムを立ち上げた。 同省とシェイク・ハシナ国立火傷形成外科手術研究所(SHNIBPS)は、国際テマセック財団のスポンサー協力とシンガポール保健サービス… 続きを読む

58日で500人以上死亡

58日で500人以上死亡
新聞報道によれば、交通事故により、ここ58日間で500人以上が、土曜日だけで17人が死亡したという。 2月に発表されたバングラデシュ傷害予防研究センター(CIPRB)のバングラデシュ健康被害調査(BHIS)-2016レポートでは、交通事故は… 続きを読む

人混みから離れた新年を

ベンガル新年、ボヘラ・ボイジャックはすぐそこまで迫り、旅行好きたちは雑踏と喧噪の都市生活から脱出し、翼を休める素晴らしい機会だととらえている。 グループを作り、異国情緒あふれる観光スポットを探索し、先住民の儀式や習慣を学び、野生を冒険し、考… 続きを読む

DU美術学部、新年準備中

DU美術学部、新年準備中
伝統的な“マンガル・ショブ・ハジャトラ”をユネスコが“文化遺産”に認定したことで、ダッカ大学美術学部はベンガル新年初日を祝う“ボヘラ・ボイジャック”を大規模に祝う準備を進めている。 伝統的な行列マンガル・ショブ・ハジャトラでは、28年間使わ… 続きを読む

技術教育指導要領を改訂

技術教育指導要領を改訂
政府は工場での需要を踏まえ、スキルを持った人材を育成するための技術・職業教育の指導要領を改訂する。ヌルル・イスラム・ナヒド教育相が昨4月8日、明らかにした。 前へ進むためには、職業教育を優先する必要がある。教育相は首都ダッカ(Dhaka)で… 続きを読む

ハシナ首相の贈り物

バングラデシュのシェイク・ハシナ首相は、大統領や首相などを含むインドのリーダーたちにたくさんの贈り物を持ってきた。 プラナブ・ムカルジー大統領にはパンジャビやシルクパジャマのペア、絵画、ディナーセット、革製バッグセット、4kgのカロジャムと… 続きを読む

障がいを乗り越える

障がいを乗り越える
意欲と決意により、物理的障がいをどう乗り越えるか。その生きた実例として、7人の盲目の生徒が現在進行中の高等学校資格証明(HSC)試験を受けている。 7人の生徒はパブナ(Pabna)県サンジア(Santhia)のMd・ジャミル・ホサインさん、… 続きを読む