国内

水不足の危機

全国を襲った熱波は2週間以上続き、雨はほとんど降らなかった。水不足で苦しむ多くの都市住居はここ数週間で増加した。 ダッカ県では温度計が37度といううだるような暑さに見舞われ、住民は大きな被害を受けている。 地下水水位が落ち、市内のくみ上げポ… 続きを読む

開発支出過去最低でスタート

計画省がさまざまな計画を出したにもかかわらず、会計年度当初の2ヶ月の開発支出は、4年間で最低となっている。 7月から8月期、毎年恒例の開発プログラム(ADP)として、前年比17・71%減の314・1億Tkが支出された。2012から13年度当… 続きを読む

新たに3管区作る:ハシナ首相

国はマイメンシン(ダッカ管区)、フォリドプール(〃)、クミッラ(チッタゴン管区)の3管区を新しく作り、これらのエリアの総合的な開発を加速する予定だと政府はいう。 アワミ連盟会長でもあるシェイク・ハシナ首相は、昨日ゴノボボン(首相官邸)で行わ… 続きを読む

巨大な海洋資源を探る:ハシナ首相

昨日、シェイク・ハシナ首相は、成長する国内市場を利用し、ベンガル湾の広大な海洋資源を探るようビジネスマンたちに求めた ハシナ首相は、アブドゥル・Matlub・アフマド会頭率いるバングラデシュ商工会議所代表団を、彼女の執務室での会議に招き入れ… 続きを読む

技術系教育機関の統計調査始まる

政府は、リアルな活動概要や、直面する課題を見つけるため、技術、職業教育や訓練を提供する機関で、初めての統計調査を開始した。 火曜日に始まった“技術・職業教育訓練(TVET)機関調査2015”は、12月までに報告書の公表を行う予定です。AHM… 続きを読む

認識不足が非正規雇用部門の成長を抑える

非正規雇用は国の総雇用者数の89%を占めるが、国内総生産(GDB)への貢献はわずか40%と低いままだ。 労働者の教育や技術のノウハウ不足により生産性の低さが、GDPへの貢献を低下させている理由の一つとなっている。 昨日、講演者が会合で述べた… 続きを読む

労働法の実施に向けて

USTR(米国通商代表部)チームが職場の安全と労働権の進展を確認するため、9月にバングラデシュを訪問することを決めたことを受けて、政府は今週中に労働法を実施するための規則を最終決定する。 昨日、トファイル・アーメド商業大臣が述べた。 貿易利… 続きを読む

携帯電話事業者、公正な税制を求める

昨日、携帯電話通信事業者は、他の業種より高い法人税を支払っているとし、公正な税制と正当な競争が働くよう国に求めた。 バングラデシュモバイル通信事業者協会(AMTOB)は、新しく就任した電気通信部門担当のタラナ・ハリム国務大臣の事務所での会議… 続きを読む

政府、デジタル化前進に着手

昨日政府は、ダッカで行われたデジタルバングラデシュ特別委員会の第二回会議で、ハイテクに精通した国家への移行をスピードを上げて推進していくことを確認した。 主要な決定は、半年以内に電子入札のプロセスを拡大すること、2018年まですべての教育機… 続きを読む

政府、三輪自動車禁止を緩和

高速道路上の三輪自動車と低速移動車両の走行禁止を施行した6日後の昨日、政府は車輛の給油を容易にするため、一日2時間、走行禁止措置を緩和した。 自動人力車は、午前6地から8時の間、給油のため、高速道路上のCNG(Compressed Natu… 続きを読む