国内

電力エネルギーに11億4990万Tkの予算配分

財務省情報筋は、政府が2014ー15財源年度、電力・エネルギー部門の開発のため、11億4990万Tkを割り当てると語った。 金額のうち、電力セクターは前期より2250万Tk多い9億2778.9万Tkを、エネルギー部門は2億2220万Tkであ… 続きを読む

7.3%の成長が目標

財務大臣は、国内総生産の5パーセントや第四期予算支出にあたる、不足分675億5200万Tkの新予算を提案した。 アブル・MAAL・アブドゥル・Muhithプロジェクトは、来年度の予算で7.3%の経済成長を目論んでいる。 新しい予算のための支… 続きを読む

JICA石炭火力発電所プロジェクトに融資

シェイク・ハシナ首相が次に日本を訪問したとき、1200MWのMatarbari石炭火力発電所プロジェクトの資金調達のために、日本国際協力機構(JICA)が38億ドルの融資を提供する「exchange paper」にサインするだろう。 2年間… 続きを読む

地方再生可能エネルギー開発II

インフラ開発株式会社(IDCOL)はNGOと提携して、電力網が届かない農村地域に電力を提供する。 毎月、地方の5万以上の家庭が、政府の住宅用太陽光発電システム(SHS)プログラムにより電気を供給している。 NGOと提携して政府所有のIDCO… 続きを読む

石炭ベースの発電を政府が推進

バングラデシュがガスベースの発電に頼る上京から脱出しなければならないという実感を受けるにはあまりにも遅すぎ、またそれに対する準備があまりにも小さすぎた。 2009-10年においては、発電に必要な燃料のシェアは、ガス:89%、油:5%と石炭:… 続きを読む