IT

RMG工場デジタルマッピング

グーグルマップのようなインタラクティブなオンラインプラットフォームを通じて、業界のステークスホルダーにリアルタイムで信頼できる工場データを提供するため、バングラデシュデジタルRMG(既成衣料品)工場マッピングプロジェクト(DRFM-B)が始… 続きを読む

農業情報アプリ開発中

ACI社は農家や政策立案者、農業労働者に、植物の成長や健康状態、天気予報について高度な情報を提供するためのモバイルアプリを開発中だ。 「生産性を大幅に高め、農家の意志決定や国の食料生産の全体的な改善に繋がるだろう」 情報化を通じて農家に力を… 続きを読む

シティセル、帯域取り戻す

25日、バングラデシュ通信規制委員会(BTRC)はシティセルに対し、最高裁判所の指示を受けて数時間後に帯域を返還し、無線通信目的の使用を許可した。 BTRCは帯域責任者であるスフィ・モハマド・モイヌディン氏の署名入り文書を発行し、以前の帯域… 続きを読む

モバイル取引1日100億タカに

モバイル取引1日100億タカに
バングラデシュ銀行によると、モバイル取引は6月に初めて3千億8千万タカ(約4180億円)に達したという。 6月のイード祝祭中、携帯電話を通じた取引は1日平均約100億タカ(約136億円)で、前月より18.48%増加した。 モバイル金融サービ… 続きを読む

若者のFacebook利用率は95%

若者のFacebook利用率は95%
Facebookは、バングラデシュの若者の中でも最も人気のあるソーシャルネットワーキングサイトであり続けている。 非営利調査社(Org-Quest Research Ltd)が実施し、プロトムアローによって開始された調査によると、他の有名な… 続きを読む

GP、純利益56%増

GP、純利益56%増
収益増加や運営の効率化を背景に、今年第2四半期のグラミンフォンの純利益額は対前年比で55.7%増の79億タカ(108億円)となった。 グラミンフォンが報告した四半期収益額は対前年比15.71%増の324億タカ(443億円)だった。 この四半… 続きを読む

3年間で10億ドルを投資

3年間で10億ドルを投資
バングラリンクはサービス品質の向上と政府によるデジタルバングラデシュ構想支援のため、今後3年間で10億ドル(1103億円)を投資する。親会社の代表が明らかにした。 バングラリンクの親会社ヴェオン(ヴィンペルコム)のジャン=イヴ・シャルリエC… 続きを読む

BTRC、新規事業者の参入望む

バングラデシュ通信規制委員会(BTRC)は、携帯電話会社2社が合併して1社が閉鎖しかけていることを受け、新規事業者を受け入れるて競争の促進とデジタルサービスの繁栄を目指す。 2016年、ロビとエアテルが合併した。一方、国内最古事業者のシティ… 続きを読む

人工知能の意識が高いアジア

ARM社とノーススター社が実施した調査によると、アジアは人工知能(AI)への意識や肯定的な信頼が群を抜いて高いという。 英国に本拠を置くソフトバンク社が株主のマイクロプロセッサー主要企業ARMのイアン・スミス上級ディレクターは、ヨーロッパで… 続きを読む

3者に通信塔の運営を認可

バングラデシュ通信規制委員会(BTRC)はバングラデシュ国内で携帯電話の中継塔を運営する認可を3者に与え、通信事業を携帯電話会社のネットワークインフラから分離する決定を行った。 BTRCのガイドラインでは、外国企業は中継塔運営企業の株式の6… 続きを読む