IT

若者たちがITソリューションを考える

200人以上の若いIT技術者たちは昨日、情報テクノロジーの助けを借りて水や災害、教育、健康、自治に関連した問題を解決するために、首都ダッカで2日間にわたり開催された「Water Hackathon App Festival 2014」に参加… 続きを読む

学生たちは科学に興味を抱いている

アジア・パシフィック大学副学長Reza Choudhuryは、学生たちが徐々に科学に興味を抱くようになったので、2030年までにバングラデシュの科学者からノーベル科学賞を受賞者が現れることを望んでいると話した。 彼は、首都セントジョセフのH… 続きを読む

電力確保のための融資

バングラデシュ政府は、国内の電力供給システムの電圧をさらに上げて停電を減らすために、アジア開発銀行(ADB)と3億1000万ドルの融資契約を締結した。 援助は、ADBが寄付している16億ドルの「Power System Expansion … 続きを読む

家庭用発電機「バイオソケット」

SNVオランダ開発機構は、バングラデシュの地方の家庭3万5000戸に対して、手頃な価格で環境に優しい発電を提供するために、バイオガス発電機「バイオソケット」を設置する予定だ。 バイオソケットの初プロトタイプは2013年8月の1月、バングラデ… 続きを読む

郵政・通信省と情報通信省の合併

政府は、政治的な衝突を防ぎ、よりよい調整を行うために郵政・通信省と情報通信省の合併を決定した。 新しく出来る省には、電気通信部と情報技術部の2つの部が設立される。 郵政・通信省の管理をしていたAbdul Latif Siddique氏が新し… 続きを読む

農村に光回線を

郵政・通信省大臣アブドゥル・ロティフ・シッディクは、より速い回線速度を提供するために、農村部に光ファイバー回線を敷設すると述べた。 また、大臣はインターネット使用料を地方や市街化区域の料金と同一にすることを保証した。 バングラデシュコンピュ… 続きを読む

既存の帯域幅の余剰分を輸出

バングラデシュ政府は、第2海底ケーブルを設置する資金調達のために、既存の帯域幅の余剰分を輸出することを決めた。 事務局での省庁間会議で下された決定によると、バングラデシュ海底ケーブル株式会社(BSCCL)は、帯域幅50~60Gbpsを提供す… 続きを読む

学生に無償のネットサービスを提供

携帯電話会社グラミンフォンは、2月にBRACの援助を受けて無料で210万時間のインターネットサービスを利用する機会を学生に提供している。 グラミンフォン取締役の議長、テレノールグループの取締役兼副社長、アジア地域グループ主任のSigve B… 続きを読む

VoIP不正使用取締チーム

バングラデシュ電気通信規制委員会(BTRC)は、違法なVoIP電話を抑えるためにVoIPサービスプロバイダを監視するモニタリングチーム設立を計画している。 BTRC議長Sunil Kanti Boseは昨日、シティホテルで開催された「Ill… 続きを読む

ソーラシステムの設置

Rahimafrooz再生可能エネルギー社(RREL)は、Dhaka配電社(DPDC)と首都の事務局屋上にソーラーパネルを設置する契約を締結した。契約に基づきRRELは、6ヵ月以内に「50kWp Grid Tied Solar Projec… 続きを読む