政治

バングラデシュ、タイとの接続を計画

バングラデシュとタイは、バングラデシュ、中国、インド、ミャンマー(BCIM)を通る道路や鉄道、水路を通じ、ASEANの東西、南北の回廊を接続することを計画している。 バングラデシュとタイは、外務大臣の第七回合同委員会会議で、接続契約に署名す… 続きを読む

アブダビ系のロタナジェット、本日就航

アブダビ系の民間航空会社ロタナジェトが今日、バングラデシュで事業を開始する。 初めは火曜、木曜、土曜の週3回のダッカ便が離発着し、7月2日からは月曜、木曜、日曜のチッタゴン行きのフライトが続く。 アブダビからの初飛行機RJ403便は、今日の… 続きを読む

昨年のFDI減少

2014年、バングラデシュへの外国直接投資(FDI)フローは、前年と比較して4・53%減少した。国連貿易開発会議(UNCTAD)が昨日報じた。 国への直接投資フローの減少は、2010年以来初めのことだ。 2013年バングラデシュが受け取った… 続きを読む

安全なイード旅行を約束します

昨日、政府と輸送事業者は、人々が安全で混乱のないイード明け休暇を過ごすため、前年と同じような対策を打ち出した。 だが我々は経験で、そのような決定はほとんど過去にきちんと実施されたことがないと知っている。 対策は、未整備や古すぎる車の運転停止… 続きを読む

油のクリーンアップ続く

Boalkhali運河に突入し、沈没した列車からの油流出に対処するため、政府は油膜を回収するオイル防材を配置した。 運河の流れが速いため、オイル防材は手動でしか使えず、努力はほとんど効果がないと地元の人は言う。 一方油膜は、Halda川の内… 続きを読む

外国企業の上場規則が緩和

バングラデシュ証券取引委員会は、企業の必須リストの提出を最近取りやめたため、資本金5億Tk以上の合弁企業や外国企業は、株式市場にいちいち届け出る必要がなくなった。 2010年5月に発行された通知で、外国企業や合弁企業を含む民間会社は、4億T… 続きを読む

目標は安全な旅

政府や輸送事業者は、イードーアルーフィトル(ラマダンの終了を祝う休日)休暇の安全で混乱のない旅行を確保するため、予防的な準備を進めている。 イード休暇のための事前鉄道チケット販売は、7月9日に開始する。また鉄道省はイードラッシュに対処するた… 続きを読む

銀行の産休中の評価

今後、産休中の女性従業員は、前年のパフォーマンスに基づいて評価されることになる。これは彼女たちが直面する差別の排除に向けた一つの動きだ。 産休中、直近3年間のパフォーマンスの平均で評価される。昨日バングラデシュ銀行が通知した。 2011年、… 続きを読む