政治

ロヒンギャ支持者の行進

ロヒンギャ支持者の行進
日曜日、ムスリム(イスラム教徒)少数派ロヒンギャの弾圧に抗議するため、ミャンマー国境地帯へ向かう数千人のイスラム教徒の行進を、警察は中止させた。 ミャンマー西部ラカイン州の軍事行動により、2万7千人のロヒンギャがバングラデシュへ脱出した。生… 続きを読む

アルチザン攻撃に100万ドル

ネオJMBは、7月1日のグルシャンのカフェ攻撃事件で100万ドル(1億1820万円)近くを使用した。DMP(ダッカ警視庁)の上層部は昨日話した。攻撃事件では2名の警官を含む22名が死亡した。 「合計費用は100万ドル以下でした。カフェ襲撃で… 続きを読む

戦勝記念日を祝う

1971年、独立した主権国家として誕生したバングラデシュを記念する46回目の戦勝日が祝われる。 入念なプログラムが催され、国のために命を落とした戦死者を追悼する。 9カ月に及ぶ戦闘の末、パキスタン占領軍は敗北し、1971年12月16日、バン… 続きを読む

2024年後発開発途上国を卒業

国連によると、バングラデシュは、2025年までに後発開発途上国(LDC)グループを卒業すると予想される16カ国の中にいるという。 火曜日に発表された国連貿易開発会議の報告書は、2024年、バングラデシュは所得、人的資産指数、経済脆弱性指数の… 続きを読む

45年間、答えを探して

ラジシャヒ(Rajshahi)市に住むチャンパ・ソマッダールさん(70歳)は、45年が過ぎた今も、夫がなぜ殺されたのかを考えている。 スカランジャン・ソマッダールさんはラジシャヒ大学でサンスクリット語を教え、歌手としても有名だった。彼は独立… 続きを読む

「戦犯裁判は継続が必要」

「戦犯裁判は継続が必要」
知識人の大量虐殺や殺人に関わり、バングラデシュ独立に反対した戦犯の裁判は継続されるべきだ。シェイク・ハシナ首相は昨日話した。 「誰も彼らを助けることはできないでしょう。彼らが考える戦略や陰謀が何であれ裁判は継続されます」 知識人受難の日、ア… 続きを読む

世界の教師トップ50に

国内の女子教育の貢献により、バングラデシュ人の女性教師が世界の教師トップ50に名を連ねた。 参照:globalteacherprize.org ボグラ(Bogra)県シェルプール(Sherpur)郡サダーモデル政府小学校の教師シャハナジ・パ… 続きを読む

原因と資金源の特定を

シェイク ハシナ首相は過激派やテロ行為の原因や資金源を特定するため再度の呼びかけを行い、これらの社会悪を撲滅する決意を新たにした。 「過激派やテロ行為は世界的な懸念事項です。 (略) 文明に反抗するこのような悪習を排除するため、その理由と資… 続きを読む

UNCDF50周年記念式典

国連資本開発基金(UNCDF)は本日50周年を迎えた。 1966年12月13日、国連総会は経済開発の促進を目的としてUNCDFを設立した。UNCDFはこの50年間貧しい人々が貧困サイクルを打ち破るため、後発発展途上国48ヶ国の技術革新と財政… 続きを読む

軍に焼かれた村

軍に焼かれた村
ヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)によると、新たな衛星画像や目撃者により、ミャンマー軍はロヒンギャの村を燃やすことに関与したという。 2016年10月9日以来、少なくとも1500棟の建物が破壊され、何千人ものロヒンギャが家から逃げ出した… 続きを読む