政治

神戸の起業家、バングラディッシュに興味

日本で6番目に大きい都市、兵庫県神戸市の井戸知事は、水曜日、地元の起業家がバングラデシュの大規模インフラプロジェクトへの投資に強い関心を示していると述べた。 彼らは特に水処理プラント、発電所、深海港の建設や管理、バングラデシュの医療や病院の… 続きを読む

首相、帰国

日本での4日間の公式訪問を終え、シェイク・ハシナ首相は木曜日の朝に帰国した。UNBレポート。 首相と彼女の側近を乗せたビーマンバングラデシュ航空のVVIP便は、午前 6:50にハズShahjalal国際空港に着陸した。午前0:10(日本時間… 続きを読む

レディメイド服業界は繊維・ジュート省の下へ

「この決定は5月5日の省庁間会合決まった」と、関係者がBSSに語った。 現在衣類メーカーは問題に遭遇したとき、どこの省が担当しているかわからないので、商業省、時には産業労働省へアプローチしている。 衣料産業は国の輸出収入の80パーセント以上… 続きを読む

女たちは働く、国の発展のため:Chumki大臣

ラジシャヒ6月1日(BSS):Meher・Afroz・Chumki女性・子ども問題担当大臣は日曜日、女性たちは国の発展のため、賞賛に値する働きを続けていると述べた。 大臣は、女性が国作りの多くのプロセスに貢献している、彼女たちの貢献を無視で… 続きを読む

電力エネルギーに11億4990万Tkの予算配分

財務省情報筋は、政府が2014ー15財源年度、電力・エネルギー部門の開発のため、11億4990万Tkを割り当てると語った。 金額のうち、電力セクターは前期より2250万Tk多い9億2778.9万Tkを、エネルギー部門は2億2220万Tkであ… 続きを読む

7.3%の成長が目標

財務大臣は、国内総生産の5パーセントや第四期予算支出にあたる、不足分675億5200万Tkの新予算を提案した。 アブル・MAAL・アブドゥル・Muhithプロジェクトは、来年度の予算で7.3%の経済成長を目論んでいる。 新しい予算のための支… 続きを読む

自然エネルギーの活用

首都ダッカのデンマーク大使館とスウェーデン大使館によって開かれた北欧会社とバングラデシュ会社間の対話型セッションは、巨大な自然エネルギーの可能性を垣間見せた。 我々に必要なことは、自然エネルギーの利用計画と積極的な活用に乗り出すことである。… 続きを読む

JICA石炭火力発電所プロジェクトに融資

シェイク・ハシナ首相が次に日本を訪問したとき、1200MWのMatarbari石炭火力発電所プロジェクトの資金調達のために、日本国際協力機構(JICA)が38億ドルの融資を提供する「exchange paper」にサインするだろう。 2年間… 続きを読む

国内需要を満たす電力マスタープラン

政府は、国内需要を満たす発電に燃料の多様化をもたらすため、電力部門のマスタープランを修正している。また、効率的なエネルギー利用を促すために「energy-efficient master plan」(エネルギー効率マスタープラン)の策定も計… 続きを読む