Warning: session_start(): open(/var/lib/php/session/sess_21fb76c063e370ca74bfe5b1630c56e7, O_RDWR) failed: Disk quota exceeded (122) in /home/bddnews/bddnews.com/public_html/wp-content/plugins/easy-digital-downloads/includes/class-edd-session.php on line 412

Warning: session_start(): Failed to read session data: files (path: /var/lib/php/session) in /home/bddnews/bddnews.com/public_html/wp-content/plugins/easy-digital-downloads/includes/class-edd-session.php on line 412
メトロ夜明けから深夜まで | バングラデシュの最新情報・ニュース:BDD News

メトロ夜明けから深夜まで

メトロ夜明けから深夜まで

【Financial Express】ダッカ大量高速輸送社(DMTCL) のMANシディック社長は、メトロ鉄道は12月にウッタラーアガルガオ間で夜明けから深夜0時まで運行すると述べた。

BSS報道によれば、シディック氏は大量高速輸送システム(MRT)6号線プロジェクトの実施状況について詳しく説明。MRT6号線の全体的な進捗率は81.70%、第1期開通部分のウッタラーアガルガオ間は93.86%になったと述べた。

「9月1日からシステム統合試験を開始する予定です。その後、15~20日間、乗客を乗せずに試験運行を行います。そして、12月には乗客のいる状態で運行を開始します」

また、当初は10編成で運行する予定だとした。さらに、初日は10分間隔で、2日目は7分間隔で運行する予定だが、間隔は乗客数によりけりだと述べた。

「もし、多くの乗客が電車を待っているようなら、3分半間隔で走らせます」

また、アガルガオーモティジール間の第2期工事の進捗率は81.86%で、電気・機械工事の全体的な進捗率は83.34%だと述べた。

シディック氏によると、日本から2編成の車両を積んだ船が今日、モングラ港に停泊したという。

さらに、DMTCLは政府の決定に従って、12月にウッタラーアガルガア間の運行を成功させるために全力で働いているとした。

Bangladesh News/Financial Express Aug 22 2022
https://thefinancialexpress.com.bd/national/metrorail-to-run-from-dawn-to-12-midnight-in-december-dmtcl-1661176606
翻訳編集:吉本

#バングラデシュ #ニュース #DMTCL #MRT6 #ウッタラ #アガルガオ #日本 #大量高速輸送