お知らせ

2017/12/27 "有望産業に注目"と"第一回BDDNEWS奨学金奨学生5人の横顔"を特集したBDDNEWSレター11号をアップしました。時節柄、ご多忙のことと存じますが、ご一読くだされば幸いです。
2017/11/27 富山県が事業として行っている"ベジタリアン&ムスリム(イスラム教徒)対応飲食店育成事業のご案内"と"相談ホットライン""専門家派遣"チラシをUPしました。是非ご覧ください。
2017/11/01 今日から自動翻訳システムを導入しました。それにより、これまで1日5~10本ほどだった翻訳ニュースがおよそ100本に増えます。その分、日本語として読みにくいところは多々ありますが、今後、少しずつ改善していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
2017/09/26 アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)を自称する武装集団がミャンマーの警察駐屯地や陸軍基地を襲撃したことで始まったミャンマー軍の報復から一カ月。そう簡単に終わりは見えませんが、これを機に歴史的背景や世界の対応などを入門書的に取り上げたBDDNEWSレター10月号をUPしました。是非、ご覧ください。
2017/09/21 Prothom Alo紙の"Today in Pictures"からロヒンギャの写真をピックアップし、"今日のロヒンギャ"としてブログコーナーにアップしています。
2017/09/19 コラムにアップしていた編集部の“初めてのダッカ”と"バングラデシュ情報部"を、ブログに移動しました。コラムは現地紙のオピニオン(社説)を翻訳したもの、ブログは編集部が書いた記事・エッセイ・雑記・ブログという位置づけになります。
2017/09/19 画像ギャラリーをメディアに変更しました。今後、動画などもアップして行く予定です。
2017/08/11 初めてダッカを訪れたBDDNEWS編集部がコラムを書いています。上記コラムボタンから見ることができます。
2017/07/31 経済情報を充実させるため、本日よりフィナンシャル・エクスプレスの記事配信を始めました。
2017/07/01 ホーリーアルチザンベーカリー襲撃事件から1年経ちました。改めてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。
2017/06/28 フェアトレードでバングラデシュの教育支援ができるECサイトを開設しました。

最新NEWS

ミャンマー、証拠隠す 2018年2月20日

ミャンマー、証拠隠す
人権監視グループによると、ミャンマー政府は軍が昨年行った大虐殺の証拠を隠すため、ロヒンギャ集団墓地をブルトーザーで均しているという。ガーディアン報告。 APとロイター通信が行った調査で明らかになった。 ミャンマー西部ラカイン州のロヒンギャコ… 続きを読む

記事一覧

一週間以上の孤立

雨季、ダッカーナラヨンゴンジーDemraダム地域では、浸水の被害を受けた数千人の人々の生活が立ち往生してしまう。 彼らは自分の家に閉じ込められたままになるか、通常の生活をしている親戚の家に一時避難することになる。 「私は両親と一緒に祖母の家… 続きを読む

新BBルール、MFSに大きな影響を与える

中央銀行(BB)のモバイル金融サービス(MFS)改訂ガイドライン原案は、ますます成長する分野のビジネスや所有構造、競争力に多大な影響力を与える可能性がある。市場調査会社や証券アナリストはそう述べている。 ブラクEPLは、バングラデシュ銀行が… 続きを読む

雨による作物被害

農業振興局(DAE)によれば、大雨とコーメン暴風は、11・7万ヘクタールの土地の作物に影響を及ぼし、農家の損失リスクを上昇させたという。 記録的な雨が降った南部沿岸地域では、AUS米は収穫されず、アマン米や野菜の苗床の一部が損害を受けた。昨… 続きを読む

通信分野でより外資を誘致するため規制緩和を

より多くの外国企業がバングラデシュに投資することを誘致するため、政府は規制緩和したほうがよい。 グラミンフォンや、LIRNEasiaの支援を受けたその有力な株主であるTelenorグループのレポートは述べている。 政府はまた十分に練った領域… 続きを読む

首相、NIDカードのキャンペーンを求める

昨日、シェイク・ハシナ首相は、スマートNID(National Identity Card)カードは、国内の犯罪や汚職を防ぎ、公共や民間組織をよりダイナミックにさせるのに役立つだろうと述べた。 首相はダッカの首相オフィスで行われた、スマート… 続きを読む

飛び地住人へ農業融資を

バングラデシュ銀行は、最近政府が引き継いだ111ヶ所の飛び地住民に農業融資を拡大するよう、すべての地方銀行に指示を出した。 飛び地の農業活動を後押しするこの決定は、昨日、中央銀行が通知した文書の中で述べたものだ。 日曜日、中央銀行が出した別… 続きを読む

SCB、農業先駆者を表彰

昨日、スタンダードチャータードバングラデシュ(SCB)は、農業部門へ顕著な貢献をした4人の個人、4つの団体、2つの農家グループを表彰した。 モティア・チョウドリー農業大臣が、ダッカのウェスティンホテルで、第2回AGROW賞受賞者を表彰した。… 続きを読む

乾杯!

昨日、Banshkataに住むラタン・Miahと近所の人たちは、幸せになる理由があった。彼らは飛び地交換後、バングラデシュの市民になっただけでなく、夢だった彼女との結婚をラタンが実現したから。 ラタンの花嫁Nurfa・ベグム(19)は、ラタ… 続きを読む

飛び地住人たち、歓喜に包まれる

時計は午前0時を指した。 バングラデシュ、インド内の162ヶ所の飛び地のおよそ5万2千人の住民が、68年ぶりに自由を得た。それは正式にどちらかの国民になった瞬間だった。 それはまた小さなポケットのようにお互いの国に入り込んだ飛び地が、それぞ… 続きを読む

グアバタイム!

南部地方に曇り色の空から大雨が降ってきた。村人たちは簡単には進まない小さなボートを漕ぎだし、グアバの収穫をする。 忙しいときの始まりだ。 ボリシャル管区では、モンスーンは人気のある亜熱帯フルーツに豊穣を与える恵みの雨となる。 グアバは茎から… 続きを読む