お知らせ

2018/03/01 一次産業・二次産業・三次産業を産業カテゴリに統一しました。また、記事掲載元の企業別アーカイブを作成しました。
2017/12/27 "有望産業に注目"と"第一回BDDNEWS奨学金奨学生5人の横顔"を特集したBDDNEWSレター11号をアップしました。時節柄、ご多忙のことと存じますが、ご一読くだされば幸いです。
2017/11/27 富山県が事業として行っている"ベジタリアン&ムスリム(イスラム教徒)対応飲食店育成事業のご案内"と"相談ホットライン""専門家派遣"チラシをUPしました。是非ご覧ください。
2017/11/01 今日から自動翻訳システムを導入しました。それにより、これまで1日5~10本ほどだった翻訳ニュースがおよそ150本に増えます。その分、日本語として読みにくいところは多々ありますが、今後、少しずつ改善していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。
2017/09/26 アラカン・ロヒンギャ救世軍(ARSA)を自称する武装集団がミャンマーの警察駐屯地や陸軍基地を襲撃したことで始まったミャンマー軍の報復から一カ月。そう簡単に終わりは見えませんが、これを機に歴史的背景や世界の対応などを入門書的に取り上げたBDDNEWSレター10月号をUPしました。是非、ご覧ください。
2017/09/21 Prothom Alo紙の"Today in Pictures"からロヒンギャの写真をピックアップし、"今日のロヒンギャ"としてブログコーナーにアップしています。
2017/09/19 コラムにアップしていた編集部の“初めてのダッカ”と"バングラデシュ情報部"を、ブログに移動しました。コラムは現地紙のオピニオン(社説)を翻訳したもの、ブログは編集部が書いた記事・エッセイ・雑記・ブログという位置づけになります。
2017/09/19 画像ギャラリーをメディアに変更しました。今後、動画などもアップして行く予定です。
2017/08/11 初めてダッカを訪れたBDDNEWS編集部がコラムを書いています。上記コラムボタンから見ることができます。
2017/07/31 経済情報を充実させるため、本日よりフィナンシャル・エクスプレスの記事配信を始めました。
2017/07/01 ホーリーアルチザンベーカリー襲撃事件から1年経ちました。改めてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。
2017/06/28 フェアトレードでバングラデシュの教育支援ができるECサイトを開設しました。

最新NEWS

危険な児童労働をなくす 2018年12月12日

危険な児童労働をなくす
【The Daily Star】2020年までに10万人の児童から危険な労働を排除するため、政府は28.4億タカ(37.5億円)のプロジェクトを行い、バングラデシュのイメージを明るくする。11日、労働省のアフロザ・カーン大臣補佐が話した。 … 続きを読む

記事一覧

脱貧困で全ての人に繁栄を

バングラデシュは、手ごろな価格でアクセス可能な金融サービスを利用できる金融受け入れ(フィナンシャル・インクルージョン:貧困層に正規の取引ができるよう、改善する解決策を提供する)計画を定めた。バングラデシュ銀行(BB)の前総裁アティウル・ラー… 続きを読む

スマートフォン展示会開催

主要スマートフォン企業は、明日からダッカ(Dhaka)で開かれる3日間の展示会で、最新製品を実演する。 第7回ADATAスマートフォン・タブレット展示会2017は、ボンゴボンドゥ国際会議センターで開かれる。 昨年の展示会では約1万点の機器が… 続きを読む

マレーシア企業との合弁会社

ベキシムコ製薬は、マレーシアを拠点とするバイオケア・マニュファクチュアリングと合弁会社を設立すると発表した。 ベキシムコ製薬はマレーシアのセリ・イスカンダル製薬企業団地における医薬品生産施設の建設で、バイオケアへ全面的な技術支援を行う。 ベ… 続きを読む

付加価値税15%を維持

7月に施行される見通しの新VAT法では、統一された付加価値税(VAT)率15%は変更しないと、AMA・ムヒト財務相は昨日話した。 「まだそれは私の立場です」 大臣室で行われた国家歳入庁(NBR)長官との会議後、財務相は話した。 事業者、特に… 続きを読む

テロ事件首謀者が自白

ネオJMBトップで、グルシャンのテロ攻撃事件の首謀者とされるジャハンギール・アラム、別名ラジブ・ガンディー被告が月曜日、ダッカで開かれた法廷で自白した。 アサン・ハビブ特別市治安判事は、拘留期限の8日間が終了する前に自白を引き出し、ラジブ被… 続きを読む

竹工芸品が減っていく

わずか5年ほど前、ラルモニルハット(Lalmonirhat)県内の6村にはおよそ900人の職人がいて、竹工芸品などの製造に関わっていた。だが今ではその数はおよそ150人に減ってしまった。 多くの職人は先祖伝来の仕事をあきらめ、人力車を引いた… 続きを読む

橋の工期、また間に合わず

ラルモニルハット(Lalmonirhat)県で建設中の第2ティースタ橋は、2016年12月の2回目の完成期限が終了したにも関わらず、まだ完成していない。 カリゴンジ(Kaliganj)郡マヒプール船着き場にかかる850メートルの橋は、当初6… 続きを読む

12%がヒ素リスクに直面

コンドカル・モシャラフ・ホセインLGRD(地方自治・農村開発)相は昨日、国内人口の約12%がヒ素汚染のリスクに直面していると指摘した。 議員の質問に対して大臣は、国内の井戸の29%で、ヒ素濃度が許容レベル(50ppbを超える)を超えていると… 続きを読む

社会を変えようとする人々

社会を変えようとする人々
デイリースターは昨日、社会を変化させようと、国内各地で前向きな活動に取り組む”チェンジメーカー”たち20人以上を集めて会合を開いた。 取り組みにはストリートチルドレンの教育や社会復帰の手助け、献血用のWebサイト立ち上げ、娯楽デジタルコンテ… 続きを読む

インドとガス輸送パイプ設置

バングラデシュとインドは、インド南東州や西ベンガル州の大部分をカバーするガス輸送パイプを設置する計画を立てていると、ニュー・インディアン・エクスプレス・オンラインは報じた。 インドとバングラデシュの多分野協力国際会議で、インド外務省(MEA… 続きを読む