地域

生贄に捧げた動物を処分しなさい:環境省

環境・森林省は木曜日、イード・アル=アドハー中に生贄に捧げた動物をすべて処分するよう促した。 「生贄に捧げた動物の血や死骸を見境なく排水溝に捨てず、ゴミ箱に捨てなければならない」と、同省は通達で述べている。 また、必要に応じて速やかに生贄に… 続きを読む

休日前の高速道路で交通渋滞

すでに高速道路では、ダッカから帰省する多くの車やイード祭に必要な動物たちを運ぶトラックで渋滞している。 人々は、愛する人とイードやドゥルガープージャ休暇を過ごすため、故郷に向かっている。 二大宗教であるイスラム教徒とヒンズー教徒の祝祭休暇は… 続きを読む

10月6日がイード

昨晩、バングラデシュの空に太陰暦の月が見られなかったので、国内の聖なるイード祭りは10月6日に祝われることになった。 イスラム財団のBaitul Mukarram事務所は、月の観察情報を再検討したのち、国家月観察委員会の会議で決定した。 会… 続きを読む

列車の前売りチケット

イードとプジャ用の列車の前売りチケットは、金曜日の朝、駅頭にて販売される。 イード五日前の旅行計画のためのチケットは、初日は午前9時から午後5時まで販売されると、バングラデシュ鉄道局長M・トファッザル・ホサインは言う。 「売り出しは9月26… 続きを読む

地方の人のため、医療を確保する

水曜日、会議の参加者たちは、健康国家を樹立するため、農村部のとりわけ貧しく恵まれない人々への医療サービスを確実にするよう内科医を確保すべきだと主張した。 「つまり内科医が農村部の人たちを戸別訪問し、非常に行動的で精神誠意な医療サービスを施せ… 続きを読む

Panchagarhで5校建設

Panchagarh地方自治体工科局(LGED)は、県内Debiganj郡で2500万Tkをかけて5つの二階建て小学校を建設した。 Debiganj郡のエンジニアのM・サイフル・イスラムは、水道と電力設備の供給というインフラ整備を通じて出て… 続きを読む

学校が避難所に~19県でまだ改善が必要~

継続的な洪水は、19県の200万以上の人々に被害を与えるだけではなく、被災地の教育活動を妨げている。 洪水に見舞われた多くの人々は、置き去りにされ、被害を受けなかった地元の学校や大学、マドラサ(イスラム諸学を教える高等教育機関)に避難してき… 続きを読む

100以上の病院で日本の取り組みを採用

保健総局は今年、バングラデシュの少なくとも100の病院でより良い管理のために日本での経験を拡大する計画だ。 日本の開発組織JICAは、水曜日、北海道大学健康科学ネットワーク研究室の教授が、これらを実現する手助けのためバングラデシュを訪問した… 続きを読む

学校のグラウンドが田んぼに

パトゥアカリ学校はお金を作るため、校庭を犠牲にして田んぼを作るという風変わりなことをやっている。 アマン苗はパトゥアカリ町から5キロのSehakathi高校のほぼ2つのサッカー場に匹敵する校庭に先週植えられ、12月の収穫を待っている。 あと… 続きを読む

Kachua女子カレッジ、100%を確保

チャンドプルKachua郡のMansooruddin女子カレッジは、今年のHSC(※)試験で100パーセントの合格率を達成した。 ※Higher Secondary School Certificate 高校卒業時の国家試験で、これに合格し… 続きを読む