経済

インドと22項目締結

インドと22項目締結
シェイク・ハシナ首相によるインド公式訪問2日目となる昨8日、バングラデシュとインドは6つの協定と16の了解覚書(MoU)を締結した。 [協定] 1.両政府間での”核エネルギーの平和的利用における協力”に関する協定 2.バングラデシュ原子力エ… 続きを読む

首相、ビジネス行事に参加

7日、デリー(インド)に到着したシェイク・ハシナ首相は、およそ500人のビジネスマンが参加する10日のイベントに参加する予定だ。UNBが報じた。 インド産業同盟(CII)はバングラデシュとインドの間の双方に利益となる、より大規模な取引や投資… 続きを読む

経済成長6.9%:ADB

アジア開発銀行(ADB)は、海外送金減少と一部の公共料金の値上げを元にした政府見積もりと比較した今年度の経済成長とインフレの控えめな予測を行った。 昨日、発表したアジア開発展望(ADO)は、バングラデシュ経済は6.9%の成長、インフレ率は6… 続きを読む

観光客を集める仏塔

観光客を集める仏塔
バンドルボン(Bandarban)県ロワングッチャリ(Rowangchhari)郡に新しく作られたラマ・ジャディ(仏塔)が、県内の最新観光スポットになった。 地元ではグル・バンテとして知られているウ・パンニャ・ジョタ・テラが作った高さ108… 続きを読む

発電所建設に青信号

政府は昨5日、国のエネルギー保障に関して、787メガワットを発電するレンタル発電所の設置や、トリプラ州(インド)から電力60メガワットの輸入を含む大きな決定を行った。 電力の輸入は4月8日、ニューデリーでバングラデシュ・インド両国首相のビデ… 続きを読む

世銀、1.13億ドルを提供

世銀、1.13億ドルを提供
政府は5日、天気予報や早期警戒システム、気象・気候サービスなど、国内の気象・水文情報システムを最新のものにするため、世界銀行との間に1.13億ドル(125億円)の資金提供協定を締結した。 バングラデシュ天候気候サービス地域プロジェクト(BW… 続きを読む

ブラシ作りで人生が変わる

ブラシ作りで人生が変わる
ラムジャン・アリさん、ロコン・モローさん、アブドゥル・マンナンさん、3人の起業家には共通点がある。タンガイル(Tangail)県デルドゥア(Delduar)郡ロウホチユニオンのヘレンドラパラ村の出身で、それぞれがブラシ工場を経営している。彼… 続きを読む

ILO研修始まる

スウェーデンとデンマークの支援を得て国際労働機関(ILO)が提供する研修を通じて、バングラデシュ政府の職場協力や苦情処理する能力は高まっていくだろう。 ダッカで昨日、労働局(DoL)と産業関係機関(IRI)の公務員30名を集めて5日間の研修… 続きを読む

クルナ-コルカタ列車8日から

クルナ(Khulna)とインドのコルカタ(Kolkata)間の鉄道路線が4月8日に結ばれる。 鉄道関係者によれば、その列車“モイツリーエクスプレス”はベナポール(Benapole)-ペトラポール(Petrapole)駅経由でコルカタ駅に到着… 続きを読む

国内商品を展示

国内商品を展示
商業省は第136回議会連合(IPU)集会で、外国代表団向けにバングラデシュの輸出品目や伝統品の展示会を実施した。 ダッカ(Dhaka)のボンゴボンドゥ国際会議場で催された展示会には、バングラデシュの豊かな歴史や文化に関するドキュメンタリーも… 続きを読む