プロトムアロー

南アジア一の人気投資先

南アジア一の人気投資先
【Prothom Alo】国連貿易開発会議(UNCTAD)の世界投資報告2019によると、2018年のバングラデシュへの対外直接投資(FDI)は、前年の21億5160万ドル(2388億円)から68%増加し、36億1330万ドル(4010億円… 続きを読む

ビタミンAキャンペーン

【Prothom Alo】生後6カ月から59カ月の子どもたち全てにビタミンAカプセルを摂取させることを目標に、6月22日、全国規模のビタミンAプラスキャンペーンが行われる。 キャンペーン当日の午前8時から午後4時、生後6カ月から11カ月の子… 続きを読む

衣料品輸出、12.82%増

衣料品輸出、12.82%増
【Prothom Alo】現会計年度当初11カ月間(7ー5月)の衣料品部門の輸出金額は317.3億ドル(3兆5216億円)で、281.2億ドル(3兆1210億円)だった前年同期から12.82%増加した。 10日発表された輸出促進局(EPB)… 続きを読む

イード祝祭日を水曜に変更

イード祝祭日を水曜に変更
【Prothom Alo】イスラム教徒最大の祝祭、聖なるイード・アル・フィトルは5日(水)、国内各地で祝われる。当局は当初、6日(木)だと発表していた。 シェイク・Md・アブドゥラー宗教相が午後11時15分の2度目の記者会見で変更を発表した… 続きを読む

歴史的演説の日本語版発行

歴史的演説の日本語版発行
【Prothom Alo】1971年、レースコースグラウンドで国父『ボンゴボンドゥ(ベンガルの友人)』シェイク・ムジブル・ラハマンが行った歴史的演説の日本語版が、バングラデシュ大使館より発行された。UNB報道。 日本語版は英語に続く最初の外… 続きを読む

25億ドルのODA契約締結

25億ドルのODA契約締結
【Prothom Alo】29日、両国関係を強化する5つのプロジェクトを実施するため、バングラデシュと日本は25億ドル(2775億円)の第40次ODA契約を締結した。 それぞれの代表として、経済関係局(ERD)のモノウォール・アーメド局長と… 続きを読む

笑顔をもたらすバナナ栽培

笑顔をもたらすバナナ栽培
【Prothom Alo】近年、バングラデシュではより高い利益が上がるとして、バナナ栽培を行う農家が増えている。 国連食糧農業機関(FAO)は、主要穀物に次ぐ重要作物として、バナナを第4位にランク付けした。 国内では年間100万トン弱のバナ… 続きを読む

バングラ学生に経済学賞

バングラ学生に経済学賞
【Prothom Alo】カナダカールトン大学のバングラデシュ人学生ファビナ・バシュラさんが、権威ある『ハントリー・シャーラー賞』受賞した。 プレスリリースによると、ファビナさんは、経済学の最優秀研究論文で2019年の賞を受賞したという。 … 続きを読む

新たな科学技術大学開校

新たな科学技術大学開校
【Prothom Alo】政府が各県に科学技術大学設置を決めたことを受け、スナムゴンジ(Sunamganj)では大学設置のための正式なプロセスが動き始めた。 MA・マンナン計画相はBSSに対し、独立した法律制定を含むすべての必要な行政プロセ… 続きを読む

前売券は1日2.7万枚販売

前売券は1日2.7万枚販売
【Prothom Alo】5月22日に販売が始まるイード休暇用の列車前売券は、毎日およそ2万7千枚ずつ販売される。15日、ヌルル・イスラム・スジャン鉄道相は鉄道省で開かれた記者会見で述べた。 「イード・アル・フィトル用の8両編成の特別列車が… 続きを読む