お知らせ

2017/07/01 ホーリーアルチザンベーカリー襲撃事件から1年経ちました。改めてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。
2017/06/30 ニュースレター9号を発行しました。左側の資料ダウンロードから見ることができます。
2017/06/28 フェアトレードでバングラデシュの教育支援ができるECサイトを開設しました。

最新NEWS

ハッジ便は本日開始 2017年7月24日

ハッジ便は本日開始
ビーマン・バングラデシュ航空による今年初のハッジ(聖地メッカへの巡礼)便は本日午前7時55分にハズラト・シャージャラル国際空港を出発する予定だ。 省庁筋によれば、空港にはラシェド・カーン・メノン民間航空観光相およびマティオル・ラーマン宗教相… 続きを読む

記事一覧

石炭の採掘に露天掘り反対

政府は現在、輸入された石炭を頼りに電気を発電する予定で、今のところ露天掘りによる採炭はしないとの方針だ。 「我々は、露天掘りによって石炭を抽出しない」と、電力・エネルギー・鉱物資源省大臣のナスルル・ハミドは言いました述べた。 ハミド大臣は、… 続きを読む

石炭ベースの発電を政府が推進

バングラデシュがガスベースの発電に頼る上京から脱出しなければならないという実感を受けるにはあまりにも遅すぎ、またそれに対する準備があまりにも小さすぎた。 2009-10年においては、発電に必要な燃料のシェアは、ガス:89%、油:5%と石炭:… 続きを読む

ソーラシステムの設置

Rahimafrooz再生可能エネルギー社(RREL)は、Dhaka配電社(DPDC)と首都の事務局屋上にソーラーパネルを設置する契約を締結した。契約に基づきRRELは、6ヵ月以内に「50kWp Grid Tied Solar Projec… 続きを読む

石炭政策の見直し

シェイク・ハシナ首相は、電力エネルギー部門との会議を開き、主要な燃料供給の危機に悩む、すべてのエネルギープロジェクトの審査を行う。国家の石炭政策は、2月6日に決定する予定。 現在、5つの炭田に約25.5億トンの埋蔵量を有しているにもかかわら… 続きを読む

office365の説明会

マイクロソフトは、「Office365 partner readiness」を行うために終日のワークショップを開催した。 1月29日に開催されるこのセッションは、Microsoft LSPs, Managed Partnersと国のトップの… 続きを読む

地方配電網に投資

世界銀行は、東部バングラデシュの地方配電網の能力を強化するために6億米ドルを提供する。この件の交渉は先週、世界銀行で完了したと経済関係課(ERD)は述べた。支援資金は、全体的な損失の低減と東部地域(ダッカ、チッタゴン、シレット)の配電網の能… 続きを読む

政府がITフリーランスの育成

ダッカの情報通信省長官のNI Khanは、2月中旬に政府主導で55,000人の市民レベルでのITフリーランスを育成するためのLearning and Earning Programmeの第二段階を開始するだろうと言う。 通信社の話によると、… 続きを読む

バッファローのゲノム配列の解析に成功

バングラデシュのLal Teer Livestock株式会社と中国の北京ゲノム研究所(BGI)は昨日、共同でバッファローの全ゲノム配列を発表した。 ゲノム配列は、植物や動物の異なる特徴や機能(成長、発達や治癒のような)を遺伝子がどのように記… 続きを読む

石炭発電に融資

財務省は、ランパルに1320メガワット発電する石炭発電所を建設するプロジェクトを行う合併事業の株式調達のために、バングラデシュ電力開発庁(PDB)に3億200万ドルを貸与する。 「我々は以前より財務省に対して支援を求めていた、ようやく支援を… 続きを読む