政治

屋外排泄率1%に

屋外排泄率1%に
バングラデシュは2003年以降、水資源や清潔さ、衛生面で著しい進歩を見せた。国連児童基金(ユニセフ)の研究による。 2003年時点で42%だったこの国の屋外排泄率は、2015年にはわずか1%に低下した。 ユニセフによれば、5歳未満の死亡率は… 続きを読む

戻り始めた日常

戻り始めた日常
聖なるイード・アル=フィトルの3日間の祝日が昨日終わり、今日から政府や民間機関の事務所が再開した。 月曜日、イスラム教徒最大の祭りのひとつイード・アル=フィトルは国内各地で熱狂と宗教的興奮の中で祝われた。 イード休暇は6月25日から27日ま… 続きを読む

観光客4人が行方不明

観光客4人が行方不明
今日、ダッカ(Dhaka)のドホール(Dohar)にあるモイノットガットとコックスバザール(Cox’sBazar)で、4人の観光客が行方不明になる別々の事件があった。 パドマ川の波のため、ミニコックスバザールと呼ばれるモイノット・ガットでは… 続きを読む

1万人以上の医師求む

土曜日、モハンメド・ナシム保険家族福祉相は、国内の医療サービスをさらに向上させるため、1万人以上の医師を募集すると話した。 「政府は一般市民のすぐ近くに医療サービスを提供するため、バングラデシュ市民サービス(BCS)の特別試験を通じて、1万… 続きを読む

イードアルフィトル開催中

イードアルフィトル開催中
今日、国内各地ではイスラム教最大の祝祭の一つイード・アル=フィトルが、熱狂と宗教的熱情と共に開催された。 イード本集会はダッカ(Dhaka)の高等裁判所敷地に隣接する国民集会場で午前8時30分に始まった。 アブドゥル・ハミド大統領があらゆる… 続きを読む

故郷への長い旅

故郷への長い旅
ラッビさんは土曜日(24日)の夜をコムラプール鉄道駅で過ごした。自分の鞄を枕代わりにしたが、よく眠れなかった。日曜日(25日)には米しか食べていない。 ラッビさんはロングプール(Rangpur)出身の10代で、ダッカ(Dhaka)のコピー屋… 続きを読む

国内最大イード集会無事閉幕

国内最大イード集会無事閉幕
国内最大のイード礼拝集会がショラキア(Sholakia)で無事に開催された。 歴史あるイード集会に参加するため、イード・アル=フィトルの2~3日前から数十万人のイスラム教徒が国内外から集まった。礼拝はショラキア集会場で午前10時から始まった… 続きを読む

避難所でイード

避難所でイード
最近起こった地滑りで少なくとも120人が死亡したチッタゴン丘陵県では、イードの喜びはわずかでしかない。 UNBレポートによると、愛する人や近所の人を失った被災者たちはあちこちの避難所でイードを過ごしているという。 ランガマティ(Rangam… 続きを読む

皆に喜びをもたらすイード

1カ月にわたる断食と節制の後、今年もイード・アル=フィトル(断食明け大祭)が歓喜とお祭り騒ぎと一緒にやって来ました。親愛なる読者、寄稿者、広告主、代理店、ならびに支持者諸氏、そして全ての人々に心からご挨拶を申し上げます。 聖なるラマダンは抑… 続きを読む

イードは26日

24日夜、ダッカ(Dhaka)や国内の各地で月が観測されたため、イード・アル=フィトル(断食明け大祭)は26日に行われることになった。 ユナイテッドニュース・バングラデシュ(UNB)によれば、国立月観測委員会はシャッワールの月の観測情報を確… 続きを読む